測量士試験の難易度は?合格率や他の資格と比べた偏差値まで徹底解説!

更新

現代社会においてスキルアップを示す重要な指標の一つが資格取得です。その中でも、不動産の価値評価を行う測量士の資格は、高度な専門性と市場での評価が高く注目を集めています。

しかしながら、測量士試験の関門は極めて厳しいと言われており、受験生にとって大きな壁となっているのが実情です。

本記事では、測量士試験の難易度がいかに高いかを合格率などのデータから詳しく解説します。

このページにはプロモーションが含まれています

測量士の難易度は高いのか?

測量士の試験は合格率が約10%と極めて難しく、そこには様々な理由があります。

測量技術の進化に伴い最新の知識が常に求められ、現場経験に基づいた実践的な問題が出題されます。

加えて、地理や数学などの学問分野の高度な知識も必要とされます。したがって、測量士の試験が非常に難しいのは、その仕事が高度な専門技術を要するからと言えます。

測量士の難易度が高い理由

測量実務に則した出題であるため

測量士試験は、単に専門知識を問うだけでなく、実践的な現場対応能力も求められるため、難易度が高いと言われています。

例えば、土砂災害の危険性がある現場での測量作業を想定した問題が出題される場合があり、事前の対策を自ら考え出す必要があります。

このような実務経験に基づいた問題に加え、理論的な知識も問われる記述式の問題もあるため、測量士試験は常識的な観点と専門知識の両面から高度な力が必要とされ、難しい試験であると言えます。

測量技術の最新の情報を押さえておく必要がある

測量技術は現代日本で広く使われ、日々進化を遂げている分野です。情報通信技術の発展に伴い、ドローンなどの新しい技術が導入されています。

これらの新技術は測量士試験でも出題対象となります。他の資格試験では新しい論点には一定の時間差があるのが一般的ですが、測量士試験はその傾向が異なります。

新しい測量技術が一般に普及される前から出題されるのが特徴で、そこには多くの研究と経験が反映されています。さらに、測量士試験の出題では、陳腐化や使用頻度の低下を考慮することが原則となっているため、出題内容の変動が非常に大きいです。

地理や数学の細かな知識がないと解けない問題が多い

測量士の資格試験は、地理情報や数学の幅広い知識を活用して実践的な問題を解決する力が求められるため、難易度が高いとされています。

地理の分野では、地図の投影法や地理情報システムなど比較的高度なトピックが出題されます。数学では、行列のような複雑な内容も含まれています。

このように、基礎的な知識に加え、それらを実際の問題解決に生かす応用力が必要とされるため、測量士試験は簡単ではありません。

計算問題が非常に難しい

測量士の試験は極めて難易度が高く、特に計算問題の難しさが際立っています一般的な数学の範囲を大きく超えた高度な知識が求められ、三角関数やベクトルの理解が不十分では問題すら理解できません。

さらに、GNSSの基線解析やクロソイド曲線など、専門的な概念を応用する問題が多数出題されるため、試験対策には相当の時間を要します。​そのため試験対策では独学ではなく予備校や通信講座を活用した対策が推奨されます。

特にアガルートの測量士講座は受講生からの評判が良く、2023年度では全国平均の6.56倍もの合格率を記録しているので、試験対策を効率よく行いたい方に非常におすすめです。


測量士試験の概要

測量士試験は、不動産や建築分野において高度な専門性が求められるため、極めて難しい試験として知られています。

合格には本格的な対策が必要不可欠とされており、様々な角度からの深い理解が求められます。

試験問題と出題範囲

測量士試験は、広範囲にわたる専門知識と高度な技術力が問われる難関試験です。出題範囲は以下の8分野です。

  1. 多角測量
  2. 汎地球測位システム測量
  3. 水準測量
  4. 測量に関るす法規及び関連する国際条約
  5. 地形測量
  6. 写真測量
  7. 地図編集
  8. 応用測量

測量士の難易度は国家資格の中で偏差値にすると60程度

国家資格の中でも、測量士の資格試験は特に難易度が高いとされています。その難しさは、偏差値で60程度と評価されており、他の国家資格試験と比べても際立って高い水準にあります。

同じ程度の難易度が求められる資格には、通関士や電気主任技術者(電験3種)などがあげられます。

これらの資格も、高度な専門知識と実務経験が必要不可欠で、簡単に取得できるものではありません。

測量士試験の形式とそれぞれの部門別の配点

測量士試験は、2時間半の試験時間内で、午前と午後の2部構成で実施されます。

午前の部と午後の部では、出題内容や配点が大きく異なるため、それぞれに合わせた対策が必要です。

測量士試験には受験資格が存在しない

測量士試験は誰でも受験できる、門戸が広く開かれた試験です。しかし、高い難易度のため一定の専門知識が必要とされ、無知識からの受験は少なく、測量士補や土地家屋調査士など関連資格を持つ人が主な受験者となっています。

これらの受験者は既に知識と経験を有しているため、測量士試験に有利な立場にあり、さらに資格を重ねることで仕事の幅を広げられるメリットもあります。

受験資格は設けられていないものの、実質的には専門知識と経験を持つ人々が受験しやすい試験となっています。

午前の試験は択一式のみ

測量士試験の午前の部は、選択式の問題形式で行われます。午前の試験は700点満点で、1問につき25点と大きな配点がなされているため、出題範囲全体を押さえた上で、各問題に注意深く取り組む必要があります。

5つの選択肢から1つを選択するマークシート方式であり、合計で28問出題されます。

午後の試験は記述で選択問題

午後の試験は記述式で行われ、必須問題1題と選択問題2題の計3題を解答する形式となっています。

必須問題の配点は300点と最も高く、選択問題1問あたりの配点は200点で、合計で最大700点が獲得可能です。

特に必須問題の配点は大きいため、合否に大きく影響します。各問題の配点や形式を十分に理解し、効率的な学習計画を立て、万全の対策を行うことが重要です。

測量士試験の合格率は10%前後と低め

受験者数(人)最終合格者数(人)最終合格率

令和5年

3,667

379

10.3%

令和4年

3,194

460

14.4%

令和3年

2,773

497

17.9%

令和2年

2,276

176

7.7%

令和元年

3,232

479

14.8%

平成30年

3,345

278

8.3%

測量士試験は極めて難しく、合格率が非常に低い状況が続いています。

近年の合格率は17.9%が最高で、7.7%という年もあり、教材が少ないことから独学を余儀なくされ、理解が困難なためと考えられます。

過去問を完全に理解できれば合格点は確実に取れますが、理解が不十分だと低い得点に留まる可能性が高くなります。そのため、手をつけていない過去問がないように対策をしてから試験に臨みましょう。

文系出身の受験者には難しい

文系出身者にとって、測量士試験は数学力と建築知識が大きな壁となります。

高校レベルの数学から学び直さなければならず、加えて試験の大部分を占める建築の専門知識を最低500時間以上かけて身につける必要があります。

このように、数学力と専門知識の両面で能力が求められるため、合格するには相当の覚悟と時間を要します。

測量士の合格点は910点

測量士試験は合格率が非常に低く、その要因の一つは問題の難易度が毎年変動することにあります。

しかし、測量士試験は他の職種試験とは異なり、受験者同士を比較する相対評価ではなく、独自の基準に基づいて評価されます。

試験は1400点満点で、合格には910点以上の得点が必要です。さらに、午前の試験で450点(令和6年から一部試験では400点から450点に引き上げ)を取らないと不合格になります。

択一問題の足切りに注意

測量士試験では、合格するためのハードルが非常に高く設定されています。令和6年(2024年)から、午前の部の700点満点中、択一式問題で450点以上の得点が義務付けられます。

つまり、午後の部と合わせて合格ラインの点数に達していても、午前の択一式問題で450点を下回ればその時点で不合格となってしまいます。

そのため、試験対策では択一式問題への準備が極めて重要になります。これがクリアできなければ、そのあとの午後の試験さえ無意味になってしまうため、対策の中心は択一式問題に置かれることになります。

ダブルライセンスを狙う土地家屋調査士も受験

近年、不動産業界では、測量士と土地家屋調査士の両方の資格を持つことが注目を浴びています。この2つの資格を組み合わせることで、様々な視点から顧客のニーズに応えられるからです。

土地家屋調査士の資格保有者は一部科目が免除されるため、学習がスムーズに進められます。


測量士と他の資格との偏差値・難易度の比較

不動産や建築関連の資格と比べても、測量士の資格取得は簡単ではありません。広範囲にわたる専門知識と精密な計測技術、地図作成能力が求められるためです。

高度な知識量と多岐にわたるスキルが必要とされることが、測量士の資格試験の難易度を高める要因となっているのです。

測量士補との難易度の比較

測量士補の資格は測量士の下位資格であり、必要とされる知識や技術水準が測量士よりも当然低く設定されています。

また、測量士補の試験は択一式の問題のみで、過去問題集や参考書などの教材が豊富にあるため、合格しやすくなっています。

ちなみに測量士補の合格率は、令和5年が32.2%、その前年度は44.1%でした。

不動産・建築系資格との難易度の比較

不動産業界には様々な資格がありますが、特に「宅地建物取引主任者(宅建)」と「1級土木施工管理士」は知名度が高く、ダブルライセンスをしている人も少なくありません。

ここでは、これらの資格と測量士の難易度を比較してみましょう。

宅建との難易度の比較

測量士試験は計算問題が中心となり、細かい知識と理解力が求められます。一方、宅建試験は範囲が広く、暗記力が重視されます。両者とも高い専門性が必要ですが、難しさの要因は異なります。

数値的に見ると、宅建試験の合格率は15%程度と高難易度ですが、偏差値は57に過ぎません。

これに対し、測量士試験は60以上とされているため、難易度が高いと言えるでしょう。

1級土木施工管理士との難易度の比較

1級土木施工管理士は、測量士の資格に比べて簡単と言えます。

過去5年間の合格率を見ると、1級土木施工管理士の第一次検定では50~60%、第二次検定でも30~40%の合格率となっており、測量士よりも難易度が低いことがわかります。

一次検定

年度合格率受験者数合格者数

2019年度

54.7%

33,036名

18,076名

2020年度

60.1%

29,745名

17,885名

2021年度

60.6%

37,726名

22,851名

2022年度

54.6%

38,672名

21,097名

2023年度

49.5%

32,931名

16,311名

二次検定

年度合格率受験者数合格者数

2019年度

45.3%

24,688名

11,190名

2020年度

31.0%

24,204名

7,499名

2021年度

36.6%

26,558名

9,732名

2022年度

28.7%

24,462名

7,032名

2023年度

33.2%

27,304名

9,060名

出典:日本建設情報センター「合格率(全国平均)」

1級土木施工管理士は道路工事や上下水道工事など、さまざまな土木工事の工程と施工を管理する資格です。施工管理を適切に行うためには広範な知識が求められ、測量に関する出題もあります。

もし測量に特化した専門家を目指すのであれば別ですが、土木工事の施工管理を職務とする場合、測量の知見を持っていることが重要になります。施工管理の立場から、測量士に対して的確な指示を出せるようになっておく必要があるためです。

そういった観点から、土木工事の施工管理を任される予定がある方は、1級土木施工管理士の資格取得を検討してみるのも一案かもしれません。

行政書士との難易度の比較

測量士と行政書士の資格試験は合格率が似通っていますが、実際の難易度には大きな違いがあります。測量士試験の合格率は10%前後に留まる一方、行政書士試験の合格率は近年13%程度で推移しています。

しかし、合格率だけでは試験の難易度を判断するには不十分です。これは受験生の層が異なるためです。測量士試験は測量業務に従事する人が多く受験するため、全体的に受験生のレベルが高い傾向にあります。一方、行政書士試験は幅広い年齢層や業種からの受験生がいます。したがって、合格率が似通っていても、測量士試験の方が難易度は高いと言えるでしょう。

【行政書士の直近5年の表】

受験者数(人)最終合格者数(人)最終合格率

令和5年

46,991

6,571

13.98%

令和4年

47,850

5,802

12.13%

令和3年

47,870

5,353

11.2%

令和2年

41,681

4,470

10.7%

令和元年

39,821

4,571

11.5%

参考:一般財団法人 行政書士試験試験研究センターHP

土地家屋調査士との難易度の比較

土地家屋調査士試験は非常に難関であることがデータから分かります。合格率が10%を下回ることが一般的で、近年も10%前後の低水準が続いています。一方で、偏差値は64と評価されています。

測量士試験は合格者数が決められている相対評価の試験なので、単純に両試験を比較することはできませんが、どちらも高度な専門性もつ高難易度の試験であり、キャリアの観点から見ても難関試験であると言えます。

【土地家屋調査士の直近5年の表】

受験者数(人)最終合格者数(人)最終合格率

令和4年

4,404

424

9.62%

令和3年

3,859

404

10.47%

令和2年

3,785

392

10.36%

令和元年

4,198

406

9.68%

平成30年

4,380

418

9.54%

参考:令和4年度土地家屋調査士試験の最終結果について

測量士試験の合格に必要な勉強時間は300時間程度

測量士試験に合格するためには、一般的に約300時間の学習時間を確保し、過去問題の徹底的な理解と反復練習が不可欠です。

これによって広範囲にわたる知識を身につけ、試験全体への理解を深めることができます。

測量士補試験の経験があれば、学習時間が効率化されるでしょう。既存の基礎知識を活かし、より専門的な部分に注力できるためです。

測量士補試験の勉強は測量士試験の勉強と相乗効果を生む

測量士補試験と測量士試験は、ほぼ同じ分野を扱っており、密接な関係があります。測量士補試験で学習した内容は、より高度な測量士試験の学習にも役立ちます。

全体像を把握しながら、個々の部分についても理解を深めることが重要です。また両試験で共通する計算問題があり、測量士補試験での経験が測量士試験に生かせます。

したがって、測量士補試験で得た知識と経験は、測量士試験の合格に向けて大きな助けとなるでしょう。

測量士資格の取得メリット3選

測量士の資格取得は非常に難しい試験であり、高度な専門性と技術が必要とされます。

しかし、その努力に見合うメリットがあります。ここではそのメリットを3つ紹介します。

必置資格で社会的需要が高い

測量士や測量士補の資格は、土地開発や建築工事において欠かすことのできない存在です。土地や建物の正確な位置や形状を把握し、安全で効率的な開発や建築を実現するための重要な役割を担っています。

さらに、測量業務を行う事業所には少なくとも1名の測量士の配置が義務付けられており、資格取得者は社会的に高い需要があります。

一方、建設・土木工事会社は、測量作業自体を専門の測量会社に外注することが一般的です。そのため、測量士の資格を持っていても、その知識を十分に発揮する場面は限られてしまいます。

仕事内容にやりがいがある

測量士は、土地の開発や建設プロジェクトにおいて、地理空間情報の専門知識を活かし、現場の状況を的確に把握し解釈する重要な役割を担っています。

単なるデータ収集にとどまらず、測量計画の立案から実施までを総括し、的確な判断力と創造性が求められる職業です。

また都市計画や街づくりにも深く関与し、自然環境や社会的要素を考慮しながら、街全体のビジョンを具現化していく過程には、クリエイティビティが必要でやりがいがあります。

将来的にも測量士の需要が見込める

測量士の資格は専門性が高く社会的需要も大きいため、将来性が非常に高い資格です。建築や土地開発では、正確な土地の寸法や高低差を把握することが不可欠で、その役割を測量士が果たします。

また、都市開発や再開発、土地利用計画の見直しなど、様々な分野で測量士の技術が求められています。さらに、測量士は測量計画の作成が独占業務として可能であり、測量士補よりも高く評価されます。

測量計画作成能力により、地図作成や土地測量の精度が確保でき、測量士はより多くの業務を任されて信頼される存在となります。

測量士を独学で合格するためのポイント

測量士の資格取得にあたっては、多くの受験者が独学を余儀なくされます。

ここでは独学で測量士を目指す際の注意点や勉強法について説明します。

午前の部は足切りが高いため高得点を目指そう

測量士試験の独学合格を目指す際、午前の部の高得点が重要となります。午前の部には「足切り」制度があるため、午前の部の択一式問題に重点を置き、安定した高得点が取れるようにしなければなりません。

また、過去問と似ている問題が出題される傾向にあるため、過去問を演習することで、択一問題の特徴や出題パターンを理解し、対応力を身につけましょう。

そこでまずは午前の部の択一式問題対策に力を入れることをお勧めします。安定した得点力を身につけることで、午後の試験への不安も和らぎ、最終的な合格に近づくことでしょう。

測量士独学者のためのおすすめ勉強法

ここからは測量士試験に独学で挑むための勉強法を紹介していきます。

学習計画をまずは立てる

測量士の資格試験に独学で合格するためには、しっかりとした学習計画を立てることが極めて重要です。この試験は高い難易度と体系的な知識が求められるため、適切な学習計画の有無が合否を決める大きな要因となります。

そのためには、日々計画的に学習を続け、一定の時間と労力を費やす必要があります。

短期集中ではなく、合格までの長期的な視点で学習計画を立てましょう。具体的な学習項目や範囲、目標の理解度、必要な学習時間などを含めた計画を作成すると良いでしょう。

過去問を軸に勉強しよう

測量士試験に合格するための効果的な対策は、過去問題を中心に学習を進めることです。出題傾向や必要な知識範囲を把握できるため学習計画を立てやすく、効率よく対策ができます。

現状、測量士試験の対策テキストが不足しているため、過去問題を活用することが特に重要です。過去問題に取り組むことで知識を定着させ理解を深めることができます。

選択問題の分野を決めて深く勉強しよう

測量士試験の午後の記述問題では、4つの分野から1つを選択して解答します。例年「基準点測量」「地形・写真測量」「地図編集」「応用測量」の4つです。

そのため、受験者は自分の得意分野を見つけ、そこに特化した学習をすることが賢明です。早めに得意分野を決めれば、余裕を持って対策ができます。

専門的な知識を身につけると、関連する分野の理解も深まり、解答時間も短縮できます。難しい問題でも、特化した知識があれば対処しやすくなります。

最終手段として無試験で測量士の資格を取ろう

測量士の試験は専門知識が求められ、独学では合格が難しい場合があります。そんな時には、無試験での測量士資格取得が選択肢の一つにあります。

この方法は、試験の内容が理解できない、または点数が伸び悩んでいる方々に適しています。「試験を受けずに測量士になれるの?」と疑問に思う方もいるかもしれませんが、実際には一定の条件を満たせば資格を得ることができます。

具体的には、まず大学や短期大学、高等専門学校で測量関連の科目を履修し、必要な単位を取得します。その後、測量の実務経験を積む必要があります。測量士補として業務に従事することも可能で、養成施設で技能を習得してから実務経験を積むこともできます。

通信講座を利用して学習するのもおすすめ

通信講座なら充実した講義で深い理解を得られるうえ、サポート体制も整っているため安心して学習できます。

スキマ時間を有効活用できるコンテンツが豊富にあるため、あなたに合った学習スタイルが確立できるでしょう。

通信講座は忙しくて勉強時間が確保しづらい方にもおすすめです。


測量士試験の難易度まとめ

測量士試験の資格取得を考えている方々向けに、その難易度や合格率、勉強方法などについて解説してきました。

他の資格と比較しても難易度が高い試験であり、長期間を見据えた対策が必要となります。

ぜひこの記事を活かしながら自分に合った勉強を継続し、測量士を目指してみてください!