公務員に役立つ資格10選!大学生のキャリアアップに有利なおすすめの資格をご紹介

更新

公務員を目指す人は、知識や技術を身につけるだけでなく、必要な資格を取得することも大切です。公務員として働く上で、様々な資格が役立ちます。

大学生や現役の公務員の皆さんに向けて、おすすめの資格をご紹介します。業務に直接関係するスキルを身につける資格から、幅広い分野で役立つ資格までさまざまです。

自分に合った資格を選んで取得し、自己実現とキャリアアップのための武器としてください。

このページにはプロモーションが含まれています

公務員として働く人や大学生におすすめの定番資格5選

公務員として働く人や大学生におすすめの定番資格5選

ここからは現役公務員の方々や大学生のみなさんにおすすめの定番資格を紹介していきます。公務員として働きながら、大学生として勉強に励みながら取得するのにおすすめです!

日商簿記

簿記は会計の専門知識を証明する有用な資格で、幅広い分野で活用できます。キャリアアップや転職を考えている人には特におすすめです。1級から3級までのレベルがあり、1級は最も難易度が高いため、初めて取得を目指す人は2級または3級から始めるのが一般的です。

将来的に会計や財務の部署で働くことを希望する場合、簿記の知識は必須となります。しかし配属後に学習を始めると、日々の業務と両立するのが難しくなります。

そのため、就職前から簿記の基礎を身につけておくことをお勧めします。これにより、業務に対応しつつ、キャリアアップの機会も広がるでしょう。

スマートフォンを利用した学習のスタディングがおすすめ

スマートフォンを活用したオンライン通信講座「スタディング」は、日商簿記の学習に最適です。スマートフォンで学習教材を閲覧できるため、場所や時間を選ばずに効率良く学習できます。多忙な社会人や学生でも、通勤時間や昼休みなどの隙間時間を活用して質の高い学習が可能です。

リーズナブルな料金で学習サポート体制も整っているため、日商簿記初心者でも安心して継続的に学習できます。

FP(ファイナンシャルプランナー)

ファイナンシャルプランナー(FP)の資格は、金融や税務に関する専門知識を証明する価値の高い資格です。

公務員の職場では、税務関連業務が多く、FPの知見は業務の理解と効率化に大きく貢献します。この資格を持つことで専門性が評価され、昇進の可能性も高まります。

また、個人の金融や税金、保険の問題解決にも役立ちます。FPの資格は汎用性が高く、一度取得すれば生涯活用できるため、公務員だけでなく一般の学生にもおすすめの資格です。

最高水準の学習環境を求めるならフォーサイトがおすすめ

特にFPの受験経験がない方にとっては、フォーサイトFP通信講座を修了することでFP3級を受験せずにFP2級の受験資格を得られます。

ただし、フォーサイトFP通信講座は日本FP協会が実施しているFP検定に対応した教材です。

また、フォーサイトFP通信講座受講者の2023年9月度FP2級合格率は、全国平均の約1.6倍に当たる90.5%です。

宅地建物取引士(宅建)

宅地建物取引士は、公務員や社会人がキャリアアップを目指す際に有効なスキルとなる資格です。土木や建築分野で活躍する公務員には特に役立ちます。

不動産業界への就職を視野に入れている人にとっても、この資格は有利になります。ただし、この資格だけで独立するのは難しく、経験と知識を重ねることが何より大切です。

また、宅地建物取引士の資格を持つことで、ローン組成や不動産投資の手続きをスムーズに進められます。公務員や大学生が自身で物件を購入する際に、不動産会社からの不当な請求のリスクを抑え、安全な取引ができるようになります。

​確実に合格を目指すならフォーサイト

フォーサイトの宅建士講座は高い合格実績と質の高いカリキュラムで定評があります。全国平均の4倍とも言われる驚異的な合格率を誇り、万が一不合格の場合でも受講料の全額返金が保証されています。

フルカラーテキスト、eラーニング、映像講義と全ての教材が宅建士試験の合格点に必要な知識を、効率的に学べるように作りあげられています。

満点を目指し、試験範囲を網羅したい方にはおすすめではありませんが、効率よく短期間で確実に合格力を身につけたいという方には、フォーサイトはおすすめの講座といえます。

中小企業診断士

この資格を持つことで、経営者と対等に議論でき、効果的な戦略や改善策を提案する力が認められます。そのため取引における優位性が確保され、事業の範囲を大きく広げる機会が得られるでしょう。

ただし、中小企業診断士の試験は難易度が高く、合格者を厳選するための基準が設けられています。実際、成功した中小企業診断士の中には、自身で起業を目指す人も多くいます。経営者視点を持つため、自社を運営する力も身につけられるのです。

かつては公務員であれば試験が免除されるメリットがありましたが、2021年に制度が終了しました。しかし、その難易度と価値を考えれば、中小企業診断士は間違いなくおすすめの資格だと言えます。

低価格で合格可能なスタディング

スタディングの中小企業診断士講座は、他社講座と比較して受講費用が圧倒的に安く、経済的な理由で通信講座の受講を迷っている方でも受講しやすい講座であるといえます。

また、学習マップやAIによるサポート機能など、スマホ学習システムが充実しており、スキマ時間で学習を進めやすくする機能が多く備わっています。

スタディングの中小企業診断士講座は、短期間で効率よく合格を目指すことができるため、働きながら資格取得を目指す方には特におすすめの講座です。

行政書士

行政書士は、行政業務に関する専門的知識を持つ人に与えられる国家資格です。公務員の日々の業務で培った経験や知識が、行政書士試験の対策に役立ちます。

さらに、公務員として一定年数(17年以上)の勤続経験があれば、試験を受けずに行政書士の資格を取得できる特認制度があります。

ただし、公務員と行政書士の役割が異なるため、公務員を退職してから行政書士になる必要があります。

最短ルートで合格できるフォーサイト

フォーサイト行政書士講座では、単科講座・バリューセットのいずれかで学べます。

初めて行政書士試験に挑戦する方、合格に必要な知識をしっかりと押さえたい方はバリューセットを受講すると良いでしょう。

バリューセットには1・2・3のコースがあり、コースによって模試や記述問題対策ができるかが異なります。

加えて、どのコースにもeラーニングシステムが付属しているので、隙間時間を有効活用できると、多くの受講生から好評の声が多くあります。

地方や市役所等で働く公務員におすすめな資格5選

地方や市役所等で働く公務員におすすめな資格5選

地方自治体や市役所で働く公務員として、キャリアアップを目指すために資格を取得することもひとつの手です。そこで今回はそうした状況を想定し、おすすめの資格を5つご紹介します。

ITパスポート

ITパスポート資格は、情報技術(IT)の基礎知識と実践力を証明する資格です。公務員がこの資格を取得することで、データ管理、文書作成、情報セキュリティなどの業務において、ITを適切に活用できるようになります。近年、公務員業務では情報システムの利用が一般的になっており、そうしたシステムを効率的に操れるスキルを身につけることが重要です。ITパスポート資格は、公務員にとって価値ある資格であり、業務の質的向上に寄与するでしょう。

フォーサイト

フォーサイトのITパスポート講座は教材のクオリティがかなり高いため、非常に評判の良い通信講座です。

フルカラーテキストには重要事項のみが凝縮されており、イラストや図表も豊富で分かりやすいので、最短で合格を目指したい人にとっては最適の教材です。

またeラーニングシステムでは、スマホやタブレットでいつでもどこでも勉強できるので、スキマ時間も有用に使うことができます。

さらに受講生の合格率が90%近くという高い実績もあるので、信頼度も抜群です。

TOEIC・TOEFL

近年、インバウンド観光の増加に伴い、地方自治体職員にも英語力が求められるようになってきました。外国人観光客への案内やサポートで英語を使う機会が増えているためです。

そこで、英語コミュニケーション能力を証明する「TOEIC」や「TOEFL」の資格取得がおすすめです。これらの資格を持っていれば、様々な場面で外国人観光客とスムーズに対応できます。

また、英語資格の取得はキャリアアップにも役立ちます。特に公務員には語学力が求められるため、高い英語力は業務の幅を広げる大きな武器になります。

中国語検定

地域における国際化の進展に伴い、地方公務員や市役所職員にとって中国語能力の習得が重要視されるようになってきました。

中国からの観光客が増加しており、災害時の情報提供や観光案内などで中国語を活用できれば、スムーズな対応が可能になります。

また、自治体と中国との間で共同プロジェクトやビジネス機会が拡大しており、国際交流や地域振興の場面で中国語運用能力が求められています。

MOS

MOSは、Microsoft Officeのソフトウェアを自在に操れる能力を認定する公的な資格です。この資格があれば、事務職や公務員など、パソコン操作を伴う仕事において高い評価を得られます。

初級者向けの「スペシャリスト」と上級者向けの「エキスパート」の2つのレベルがあり、自分のスキルに合わせて取得できます。マイクロソフト社が認めた信頼性の高い資格なので、真剣にパソコンスキルを磨きたい方には強くおすすめです。

MOSを目指すならユーキャンがおすすめ

ユーキャンのMOS講座は、WordのみやExcelとセットになったコースなど、全18ものコースの中から、自分が学びたい内容だけを選択できます。

講座費用は16,000円(税込)から49,000円(税込)となっており、他の通信講座やパソコンスクールと比べて安めです。

加えて、講座費用が安めなだけでなく、FOM出版の試験対策テキストや5回分の模擬試験など、合格に必要な知識を学習できます。

自動車運転免許

市役所職員や地方公務員として、住民との交流やイベント参加、会議出席などの業務を円滑に行うためには、公用車の運転が必要な場合が多くあります。

また公共交通機関が不便な地域では、地域活動を行う上で自動車が欠かせない移動手段となります。

そのため、自動車運転免許は業務を効率的に遂行するための重要な資格であり、取得しておくことを強くおすすめします。

難しすぎておすすめできない資格は?

公務員として役立つ資格は様々ありますが、働きながら取得するには難易度が高すぎて、おすすめしにくいものもいくつかあります。

例えば、税理士や司法書士の資格は、公務員として非常に役立つ資格です。税理士は税務部門で、司法書士は法制係などの法務部門はもちろん、各部署での条例立案や不服申立て、訴訟事務でも活躍できます。こうした資格を持っていれば、公務員として重宝されるでしょう。

しかし、これらの資格は難関中の難関と言われています。会計事務所に勤務しながら10年もかけて合格する人がいるくらいですから、公務員として働きながら税理士試験に合格するのはかなり難しいと思われます。

公務員試験の受験資格

共通要件

公務員試験を受けるには、一定の要件を満たす必要があります。具体的には、重罪で有罪判決を受けた場合や、過去に公務員を懲戒解雇された場合、さらに戦後に暴力的な運動体に関与した場合は、試験の受験資格がありません。

この条項は、国家公務員の場合は「国家公務員法第38条」に、地方公務員の場合は「地方公務員法第16条」に定められています。

ただし、一般の方であれば、社会のルールや法律を守っていれば問題ありません。

年齢要件

公務員試験には受験資格ごとに年齢制限があり、高卒程度の資格は20代前半まで、大卒程度は30代前半までが目安となっています。

一方、社会人枠には年齢制限がなく、様々な経歴を持つ人が受験できます。ただし、社会人枠は多くの人が志望するため、合格のハードルが高くなる傾向にあります。

そのため、自分の受験資格や目指す職種の年齢要件を確認し、十分な準備をした上で試験に臨むことが重要です。各自治体や職種によっても年齢制限は異なるため、事前に情報収集をしてみましょう。

学歴要件

公務員試験を受ける際の学歴要件は、試験の種類によって異なります。ほとんどの試験では、高卒や専門卒でも受験が可能です。

しかし、一部の試験では大卒以上や大学院卒以上の学歴が求められます。受験する前に、各試験の要件を確認し、自分の学歴に合った試験を選日ましょう。

全体として見れば、学歴は公務員試験の受験資格にあまり影響しませんが、事前の確認が必要不可欠です。

身体要件

公務員を目指す人は、身体的な条件が仕事の遂行に大きく関わる職種がある点に留意する必要があります。

警察官や消防士、刑務官などの仕事では、身長や視力、聴力などの生まれつきの条件に加え、握力や運動能力など訓練によって伸ばせる能力が重視されます。

ただし、これらの条件は絶対的なものではなく、日々の努力次第で変わり得ます。試験情報を確認し、自分に合った対策を立てることで、夢を諦めずにチャレンジできるでしょう。

働きながら取得を目指す資格を選ぶ時の注意点

公務員として働きながら資格を取る場合、どのように資格を選ぶべきかについて説明していきます。

取得に必要な要件を満たしているか

新たな資格取得に向けて準備する際は、その資格が自分に合っているか、必要な要件を事前に確認することが重要です。

一部の資格では実務経験が求められることがあり、その分野の職務経験がなければ取得が難しい場合があります。公認会計士や弁護士などの専門的資格がその一例です。このような実務経験の要件を無視して勉強を始めてしまうと、途中で要件を満たせないことに気づき、それまでの努力が無駄になる恐れがあります。

したがって、資格取得を検討する際は、まず要件を詳しく調べ、自分がそれを満たせるかどうかを確認することが大切です。

合格に必要な勉強時間を確保できそうか

資格取得を目指す際は、学習時間の確保が最も重要です。資格によって必要な学習量や取得期間が異なり、時間管理を怠ると受験の機会を逸してしまう可能性があります。短期集中型の資格から、自動車免許のように実技と理論の両方が必要な資格まで様々です。

そのため、目指す資格によって勉強のスケジュールや取得までの期間が大きく変わってきます。試験日が決まっている資格では、その日に合わせて計画的に勉強する必要があります。

時間がかかる資格を目指す場合は、長期的な視点で着実に時間を確保することが欠かせません。

自分のレベルにあった難易度であるか

資格取得は自己向上やキャリアアップに役立つものの、適切な資格を選ぶことが大切です。

目指す目標によって求められる専門性や知識の幅が異なるため、自分のスキルや経験、そして目標に合った難易度の資格を選ぶべきです。

例えば、社内昇進を目指すのであれば、汎用性の高い比較的簡単な資格が有利でしょう。自分の目標とリソースを踏まえ、最適な資格を選ぶことが、スムーズな資格取得への近道となります。

資格取得にかかる費用が高すぎないか

資格取得には多額の費用がかかる場合があります。自動車運転免許では20万円から30万円程度の費用が必要です。

公的資格では専門教育を受ける必要があり、その費用も覚悟しなければなりません。また、受験費用も資格によって異なります。

さらに、受験資料やテキスト代、継続学習のための教材代やレッスン料も計上しておかなければなりません。一方、級がある資格では下級から段階的に取得を目指す方が費用面で負担が少なくなる場合が多いです。

その資格の通信講座が提供されているか

公務員の方々にとって、仕事と並行して資格取得に取り組むことは簡単ではありません。そんな中で、自分のペースで学習できる通信講座は有力な選択肢となります。

仕事との両立を図りながら、限られた時間を有効活用して学習を継続できるため、多くの資格取得希望者から支持されています。

メジャーな資格については多様な通信講座が用意されており、費用や学習環境、サポート体制など様々な特徴があります。

公務員として働きながら資格を取得するメリット

公務員は職務に専念しながらも、資格取得に挑戦することが可能です。リストラの心配が少なく、時間的な余裕もあるため、勉強に取り組みやすい環境にあります。

さらに資格取得はキャリアアップにもつながり、専門性を高めることができます。日々の業務に加え、将来を見据えた資格取得を目指すことは、公務員にとって有意義な選択肢となるでしょう。

キャリアアップで有利になることがある

公務員は様々な職種や部署を経験する機会が多く、異動が頻繁に起こります。このような異動の多さは、一般企業とは異なる特徴です。しかし、多くの業務を経験できるだけでなく、各部署での評価を受ける機会も増え、自身の実力を広くアピールできるメリットがあります。

そこで、資格の保持が大きな意味を持ってきます。資格を持つ公務員は、その能力が証明されていると評価されやすく、目に見えない評価でも有利に働くことが多くなります。

具体的には、希望する部署への異動や良好な労働環境を手に入れる可能性が高まります。資格取得は、スキルや知識を高めるだけでなく、自身のキャリアをより具体的に描くことができる一助となります。

転職活動に活かせる

公務員の能力や知識は行政組織内でしか通用しない可能性があります。そのため、公務員を生涯の職業としない人は、自身のキャリア形成のために資格取得を検討すべきでしょう。

資格は専門性を証明し、転職市場での自身の価値を高めることができます。公務員として働きながら資格を取得することで、キャリアに柔軟性を持たせることが可能になります.

将来において独立を目指せる可能性も

公務員として安定した収入を得ながら、将来独立することを考えている人もいるでしょう。資格を取得することで独立を目指せるかもしれません。

しかし、公務員の安定性と独立のリスクは大きな違いがあります。独立する前にリスクを十分理解しておく必要があります。

それでも新しいチャレンジに意欲的な人には、資格取得を検討することをお勧めします。資格を取得すれば、特定分野の専門知識だけでなく、汎用的な知識や能力も身につけられます。

公務員におすすめな資格についてのよくある質問

公務員の資格取得は意味ないのか

公務員が資格を取得することには意義があります。公務員として必須ではありませんが、業務をより円滑に行うためのスキルアップにつながる可能性があります。資格取得により、業務理解が深まり、効率的な業務遂行が期待できます。

さらに、キャリア形成の観点からも有益です。民間企業への転職を視野に入れた場合、資格保有者としてのスキルが評価され、転職後のキャリア展望が有利になるでしょう。

したがって、公務員個人のスキルアップや将来設計のために、資格取得に挑戦する価値は十分にあると言えます。

公務員で出世するのに資格は有利か

公務員として出世するためには、資格があることよりも、コミュニケーション能力と仕事への情熱が重要です。

公務員は地域住民や外部機関とも積極的に交流する必要があるため、円滑な対話力が欠かせません。資格は仕事を得るための一つの条件ではありますが、実際の業務を遂行していく上では熱意と責任感が評価されます。

忙しい社会人が仕事と両立するための勉強方法

社会人になると、仕事の多忙さから長時間の勉強時間を確保するのは難しくなります。

しかし、短い時間でも効率的に学習を進める方法があります。ここでは、時間に追われる社会人が仕事と両立しながら、成長し続けるための勉強法を紹介します。

休日に効率よく学習を進める

社会人の学習における最大の課題は、限られた時間をいかに有効活用するかということです。平日は仕事に時間を取られがちですが、休日には集中して学習に取り組むことができます。一日を通して内容の理解を深めることがポイントです。

休日を学習の時間として捉えるのがよいでしょう。自宅だと気が緩んでしまうかもしれません。そういった場合は、図書館やカフェなど外出先で集中して学習するのが有効です。周りの雑音や人の集中する様子を感じることで、自身も集中しやすくなります。

さらに、平日は通勤時間などの合間を活用し、復習や問題演習をするなどして、スキマ時間を最大限に活かしましょう。

空き時間をうまく活用する

忙しい社会人にとって、時間は限られた貴重なものです。しかし、日々の生活の中に潜むわずかな時間を見逃さず活用することで、新たな学びの機会を作り出すことができます。

通勤時間、休憩時間、夕食後のリラックスタイムなど、普段無駄にしがちな時間を上手に利用すれば、より多くの知識を得られるでしょう。

またスマートフォンを使って移動中でも気軽に学習できるため、忙しさを理由に学びを諦めるのではなく、生活のわずかな隙間を活用して学習を継続しましょう。

効率アップのために通信講座を利用する

社会人は時間的な制約があり、独学では情報収集や質問相手がおらず挫折しがちですが、通信講座を活用すれば、プロの講師による適切な情報選定と学習指導、疑問点への即時サポートが受けられます。

社会人であれば学生と比べて経済的にも余裕があり、質の高い通信講座を選択できるでしょう。このように、通信講座は社会人にとって効率的で挫折しにくい学習方法であり、合格に最も近い方法だといえます。

公務員におすすめの資格まとめ

現役公務員や公務員を目指す方々向けに、業務やキャリアアップに生かすことができる資格を紹介してきました。

特に社会人の方が資格の取得を目指される場合、通信講座を受講することが最も効率的でおすすめです。

ぜひこの記事を活かしながら自分に合った資格やその勉強法を見つけて、合格を目指してみてください!