未経験やスキルなしからフリーランスになるのは可能?おすすめの仕事などを紹介

更新

未経験の人やスキルのない人でもフリーランスに転身できるのかという不安や疑問を抱くことがあるかもしれません。しかし、実際には特別な経験やスキルがなくても、フリーランスとして働ける仕事は数多くあります。

この記事では、未経験者でも挑戦できるフリーランスの仕事をご紹介します。さらに、フリーランスに転身する具体的な方法についても解説しています。フリーランスへ転身する方や、フリーランスとして働くことに興味のある方は、ぜひ最後まで読んでみてください。

未経験からフリーランスへの転身が厳しい理由

フリーランス 未経験厳しい理由

仕事をもらえない

フリーランスに転身するには、未経験やスキル不足の場合、案件を受注することが難しいでしょう。クライアント側は、実務経験者を優先して採用する傾向があり、未経験者向けの案件自体が少なくなってしまいます。

また、フリーランスに教育する時間や費用コストを懸念して、フリーランスを避ける企業もあります。

低単価な仕事が多い

未経験やスキルのないフリーランス向けの案件は低単価になる傾向があります。フリーランスへの仕事報酬は専門性や経験値に応じた金額が支払われます。

また、未経験者が案件を獲得しても、成果報酬になるため、思ったような対価を受け取れないでしょう。

全ての仕事を自分で行う必要がある

フリーランスは、仕事の全てを一人で行う必要があり、会社員のように同僚や上司に助言を求められません。初心者など、自分1人で全てを進めるのはまだ難しいという人にとって、フリーランスは厳しい環境かもしれません。

そのため、会社員時代から自己管理・自己啓発のスキルを身につけ、フリーランス移行に備えることが重要です。

ハイレベルな仕事ぶりを期待される

フリーランスの仕事は即戦力として高い能力が求められるケースが多く、経験や専門知識が不足していると仕事を獲得するのが難しくなります。

未経験者や専門的技術を持たない人は、自身の強みを見つけるのが困難です。

未経験の方が経験豊富な人材を求める案件に応募しても、採用される可能性は低いでしょう。仮に採用されても、クライアントが満足する結果を出せなければ、次の依頼は期待できず、場合によっては契約が打ち切られる可能性もあります。

フリーランスになるには競争率が激しい

現在、フリーランス市場が飽和状態にあり、仕事を獲得するのが難しくなっています。近年、在宅勤務の増加や副業として隙間時間を活用する人が増えたことで、フリーランス人口は2021年時点で日本における労働人口の24%を占める約1,670万人までに拡大しています。

このように、フリーランスという働き方が一般化し、多くの人がオンラインで情報を得られるようになったことで、競争はさらに激しくなっています。そのため、業界経験やスキルがなければ、フリーランスとして生き残ることは非常に困難です。

引用元:フリーランス実態調査2021

未経験からフリーランスへ転身をするまで

どのようなフリーランスになるか決める

フリーランスへの転身には、自身の専門性を明確にすることが重要です。自分のスキルや経験を見つめ直し、それらをベースに取り組むべき仕事を見極めましょう。

また、フリーランスとして働く際、収入が不安定になりやすいです。そこで、メインの収入源が期待通りでない場合のセーフティネットを用意しておくことをおすすめします。アルバイトやクラウドソーシングサイトへの事前登録など、方法は様々あります。

フリーランスとしての将来を見据えながら、どんな風になりたいか決めてみましょう。

フリーランスになるには経験者から情報収集を

フリーランスとして成功するためには、実際にフリーランスで活躍している人々の経験談やアドバイスから学ぶことが重要です。ITエンジニアやWebライター、ブロガーなどの独立した人々の体験談は、フリーランスとしての心構えや必要なスキルを教えてくれる貴重な指針となります。転身を検討する段階から、様々な情報を収集し、フリーランスとしての働き方を想像しながら、必要な知識やスキルを身につけていくことが大切です。

フリーランスになるための準備期間を確保

フリーランスとして独立するには、十分な準備が不可欠です。少なくとも3ヶ月以上の期間を設け、ビジネススキルの向上に時間を費やすことや、確定申告や経費管理など、自己のビジネス運営に必要な知識も身につけましょう。

また、収入が不安定になるため、最低限の生活費を貯蓄しておくことをおすすめします。これは万が一のリスクヘッジとしてだけでなく、安心して仕事に専念できる環境づくりの意味でも重要です。

働きながら必要なスキルを身に付ける

フリーランスとして活躍するためには、現在の仕事を続けながら、隙間時間や週末を活用して必要なスキルを徐々に身につけていくことが重要です。

また、現在の職務で培っているスキルがフリーランスからの転職でも活用できるスキルであれば、新たに学ぶ必要がないのあで、一度確認してみてください。

まずは副業として試してみる

フリーランスへの第一歩として、スキルを身に付けたら実践の場として副業を始めるのがよいでしょう。副業を始める際は、現在の勤務先が副業を認めているか確認しましょう。

クラウドソーシングサイトは、様々な案件が掲載されているため、自分のスキルに合った仕事を受注できる最適な場所です。初めは報酬が高額かどうかよりも、経験を積み重ねることが大切です。実績を増やし、スキルを試し磨く機会を得ることが新人フリーランスとして重要です。

フリーランスで生活する収入を得る

フリーランスとして活動を始める際は、まず安定した収入源を確保することが大切です。初めは低リスクで着実に収入を得られる副業から始め、将来的には本業としてフリーランスに専念できるよう、段階的な目標を設定します。

例えば、「3ヶ月後には生活費を賄える収入を得る」といった具体的な目標を立てることで、計画的に仕事に専念できるでしょう。

目標達成できたらフリーランスデビュー

本業をフリーランスにするための目標設定を無事に達成出来たら、フリーランスデビューをしましょう。フリーランスになったばかりの時は、不安を感じるものですが、積極的に仕事を獲得し、安定的な収入を得れるように頑張ってください。

経験がない人がフリーランスからの転職で意識すること

なぜフリーランスになりたいのか?

フリーランスとして働く道を選ぶ際、なぜその道を選択したいのかという強い動機を持つことが重要です。

「未経験だけど新しいことに挑戦したい」「スキルアップをして自力でで仕事に挑戦してみたい」というような明確な意思によって、フリーランスからの転職準備をスムーズに進められるでしょう。

フリーランスで生活は成り立つか?

フリーランスへとして働く際、収入について不安になるでしょう。安定した収入を得るには、無理に現職を辞めるのではなく、副業としてフリーランス活動を始め、徐々に収入を増やしていくのが賢明策です。理想的には、副業での収入だけで生活できるようになってから、開業届を出して本格的にフリーランスとして独立するのが安全な道筋です。

未経験の場合でも、副業を通じて経験とスキルを積み重ね、一定の収入が確保できれば、フリーランスへと踏み出せるでしょう。

未経験やスキルなしからフリーランスを目指せる仕事

未経験からフリーランスで目指せる仕事

Webライター

フリーランスとして挑戦しやすい職種の一つに「Webライター」があります。数多くのウェブメディアには記事を書く専門家が必要とされており、仕事の機会が多く設けられています。未経験者でも、クラウドソーシングサイトを通じてライティング業務に挑戦することができます。

ただし、専門知識がない状態で請け負う記事作成業務の単価は基本的に低めに設定される傾向があるので、収入を上げていくために、特定分野で専門性を高めた上で記事制作をし、その分野で認知度を上げていくのが良いでしょう。

ブロガー

ブログを運営するのに、初期費用はあまり掛からず、リスクも低いですが、収入を得るまでには6ヶ月から1年ほどの時間がかかるかもしれません。

マーケティングやSEO、アフィリエイトなどの知識があれば、会社員を上回る収入も望めますが、知識がなければ全く収入が得られないリスクもあります。

事務代行

事務代行は、クライアントの業務を代行する仕事の一つです。コールセンター運営や書類作成など、マニュアルが用意されているため初心者でも取り組みやすい案件が多数あります。

一方で、事務代行業務では、特殊なスキルを必要としない作業が多いため、収入アップのための差別化が難しいという側面もあります。

ECショップ経営

ECショップの経営は未経験者でも挑戦しやすいです。サービスを活用すれば特別な技術は不要で、ショップを立ち上げられます。

ただし、商品の仕入れには資金が必要で、一定の元手が求められます。成功するには、顧客ニーズを把握し、適切な商品を用意するマーケティング戦略が重要です。しっかりと事前調査と計画を立てることで、安定した収入源になるでしょう。

YouTuberなどの動画クリエイター

近年子供たちの間でも「なりたい職業」で上位にランクインするなど、人気の高い職業であるYouTuberなどのクリエイターは、動画をアップロードして広告収入を得るビジネスモデルで、ブログの動画版とも言えます。

チャンネル登録者数が増えると、企業から直接仕事を受ける機会が増え、収益アップが期待できますが、収益化には一定の条件をクリアする必要がので、成功するのに時間がかかる場合が多いです。

YouTube以外にもTikTokなど、動画配信サービスを活用して認知度を上げ、ライバーとして成功する例もあります。未経験者でも挑戦しやすいので、フリーランス志向の人にとって魅力的でしょう。

スキルは必要だが収入が高い仕事

ITエンジニア・プログラマー

ITエンジニアやプログラマーは、プログラミング言語を使って、アプリケーションの開発やシステムの設計などをします。

エンジニアとして働くには、依頼される案件によって必要な言語が異なることから、Java、Ruby、PHP、Pythonなどの多様なプログラミング言語を理解しなければなりません。また、常に進歩する最新技術に追いつき、その時々で最高のパフォーマンスを発揮するため、日々情報収集し学び続ける必要があります。

高額案件を受注すれば、1件で100万円を大きく超える収入を得ることも可能ですが、実践的な経験がない場合は案件を獲得するのが難しく、経験が浅いうちは単価が下がる可能性があります。

Webデザイナー

ウェブデザイナーは、見やすいウェブサイトを製作することです。デザインツールの熟練はもちろん、HTML、CSS、JavaScriptなどのコーディングスキルも必須です。

クラウドソーシングなどを活用すれば、1つのウェブサイト制作で10万円以上の収入を得ることもできます。

動画編集者

動画編集は、映像と音楽、テキストなどを組み合わせて動画を制作します。その需要は娯楽やエンターテイメント分野だけでなく、ビジネスの場でも高まっています。

クライアントの要望に沿って、自分の撮影やデザインスキルをフル活用する事が重要になってきます。ツールを活用して作品の質を向上させるのもよいでしょう。

未経験からのスタートに不安を感じるかもしれませんが、現在の動画市場は拡大し続けており、需要は十分にあります。積極的に案件を獲得して、質の高い動画を作り、高収入を目指せるでしょう。

経験のない人でも挑戦しやすい女性向けフリーランスの仕事

ブログやSNSの広告運用

インターネットの普及に伴い、ブログやSNS上で広告収入を得るフリーランスビジネスが増えています。自身のブログやSNSで記事を発信し、そこに掲載した広告によって収益を得ます。

初期費用や専門的スキルが必要ないため、未経験でも始めやすくなっています。ただし、収益を上げるには多くの人に広告を見てもらう必要があり、ブログやSNSの認知度と独自性が重要となります。

イラスト制作者

イラストレーターは、文字通り、依頼主の要望に沿ってイラストを描き、収入を得ます。シンプルなイラストから緻密で複雑な作品まで、幅広いニーズに対応可能です。デジタル化が進んだ現在、アプリを利用してイラストを製作することもできます。

収入源も多様化しており、依頼主への直接の受注だけでなく、自作のイラストを素材サイトにアップロードし、ダウンロード数に応じて報酬を得る方法もあります。

カメラマン

カメラマンは、イベントや商品、インフルエンサーの撮影など様々な場所で撮影することで収入を得ます。近年では、自分で撮影した写真を素材提供サイトにアップロードし、使用料を収入源とする方法も増えています。スマートフォンだけで撮影が可能で、編集ソフトを使えば写真の質を上げられます。単に技術を身につけるだけでなく、自分の素材を上手くマーケティングできるセンスも必要とされます。

サロン経営

美容業界での経験を活かし、フリーランスとして美容院、ネイルサロン、エステサロンなどの様々な分野で開業することがおすすめです。サロン独立は、オリジナルのコースを作ったり、サロンの内装を自分好みにできるところに関して、自由度の高いフリーランスならではの特徴です。

その一方で、集客スキルも求められます。リピーターを獲得できるよう、質の高いサービスに徹底したりや競合他社の調査を行うことは重要です。

フリーランスの仕事が女性向きな理由

在宅の仕事だから家事や育児と両立可能

会社員として働く女性は、子どもの送迎や家事、育児と仕事の両立に悩むことがあります。

しかし、フリーランスなら時間と場所に縛られず、自分のペースで仕事を進められます。仕事を理由に学校行事に参加できなくなることも少なくなるでしょう。

子供や自分の体調に合わせて仕事を調節

フリーランスは、柔軟にスケジュールを立てやすいので、子供が体調を崩した場合でも、休みを取ったり、仕事量を減らしたりと、すぐに対応できるのが特徴です。自分が体調を崩した場合でも無理せずに調整できるといえます。

会社員の場合には、急に休暇を取るとなると、なかなかスムーズにはいかないのが現実です。やむを得ない理由とはいえ、周りに迷惑が掛かってしまうのではと気にかけながらの取得となってしまったり、タイミングによってはどうしても取得できない、ということもあるでしょう。

結婚や出産をしても働き続けられる

人生には結婚や出産などのライフイベントがあります。働いている女性は、そういった機会に一時的に仕事を離れがちですが、その空白期間が再就職の障壁となることもあります。

しかし、フリーランスなら、生活パターンの変化に左右されずにキャリアを継続でき、スキルを磨き続けられるのです。ライフイベントに翻弄されずに長期的なキャリア形成を望む女性には、フリーランスは理想的な働き方だと言えるでしょう。

未経験やスキルなしにおすすめの転職エージェント

転職を考えているものの、未経験や経験不足に不安を感じている方も多いのではないでしょうか。そんな方々におすすめなのが、「マイナビ転職」です。

マイナビ転職は、転職希望者一人ひとりの個性や能力を最大限に活かせる求人を紹介してくれます。未経験の分野へチャレンジしたい方や、スキルアップを目指している方も、豊富な求人情報から自分に合った職種を見つけやすくなっています。

履歴書の書き方や面接対策で悩んでいる方には、専属のキャリアアドバイザーが丁寧にサポートしてくれます。また、キャリアアップのためのセミナーやイベントも開催されており、未経験でも学びながら希望の職を探すことができます。

実際のユーザーからも高い評価を受けており、安心して利用できるサービスです。経験が不足していても、一歩を踏み出すことが大切です。マイナビ転職があなたの強力な転職サポーターになってくれるはずです。

未経験やスキルなしからのフリーランス転身まとめ

フリーランスへの転身は未経験者でも可能です。本記事では、未経験からフリーランスになる方法や、未経験者におすすめの仕事について詳しく解説しました。正しく順序を踏めば、自分の思い描いたフリーランスになれるでしょう。

この記事を読んで、魅力的と思った方は是非フリーランスへの転身を検討してみてはいかがでしょうか。最後まで読んでいただきありがとうございました。