フリーランスの仕事一覧を職種ごとに紹介!転職するまでの流れも解説

更新

フリーランスとして活躍できる分野は様々です。この記事では、フリーランスの魅力や仕事一覧から会社員からフリーランスに転身する際の具体的な手順までを分かりやすく解説していきます。

柔軟な働き方を求める方や、新しいキャリアを探している方は、ぜひ最後までお読みください。

フリーランスはどんな働き方?

フリーランスは、自由な働き方が魅力的ですが、同時に様々な責任を伴う仕事スタイルです。

会社に雇用されるのではなく、案件ごとに個別に契約を結び、必要なスキルを提供します。働く場所や時間を自分で決められる柔軟性がありますが、一方で報酬は納品時に受け取り、社会保障の恩恵を受けられず、経理や税務関連の手続きも自らが管理する必要があります。

仕事を見つけるために、自らマーケティングや営業活動を行わなければならない点もフリーランスならではの課題です。しかし、これらを乗り越えることで、スキルと経験を積み上げ、会社員では味わえない大きな達成感を得ることができます。

フリーランスは自身のキャリアを自ら切り拓き、自己実現を追求する働き方なのです。

会社員・自営業・個人事業主とは働き方が違う

会社員は会社から仕事と給与が支払われ、社会保障制度の傘下にあります。

一方で、フリーランスは、会社に雇用されず個人として仕事を請け負う働き方です。自分のスキルやサービスを提供し、収入を得ます。仕事の機会は自ら探し、案件ごとに契約を結び業務を遂行するため、安定した収入は保証されません。

また、フリーランスが個人事業主として登録すれば、税制上の優遇措置を受けられます。個人事業主として届出を出せば、税制区分上「青色申告」が利用でき、税金を抑えられます。

フリーランス(自由業)仕事の種類

ITエンジニア系の仕事一覧

ITエンジニア系の平均年収

仕事

平均年収

Webコーダー

約500万円

プログラマー

約600万円

Webディレクター/Webプロデューサー

約800万円

ゲームエンジニア

約900万円

インフラエンジニア

約1100万円

Webコーダー

Webコーダーは、Webサイト制作の現場で、デザイナーが描いたイメージを実際に動くWebサイトに仕上げます。プログラミング初心者にとって易しいHTMLやCSSなどの言語を使い、ユーザーが見る画面部分を作ります。バックエンド開発などの裏側の業務は含まれません。

プログラマー

プログラマーは、プログラミング言語を使い、設計図に沿ってコンピューターに適切な指示をし、様々なシステムやアプリケーションを開発します。HTMLやCSSなどのデザイン系の技術よりも、JavaやPython、PHP、JavaScriptなど、プログラミング言語の高度な専門知識が求められます。

Webディレクター、Webプロデューサー

WebディレクターやWebプロデューサーは、Webサイト制作プロジェクトにおいて、プロジェクト全体を取りまとめをします。彼らは企画から予算管理、進行管理、運用まで関与し、クライアントの要望を理解して制作チームと連携しながら、ビジョンを具現化していきます。

フリーランスのWebディレクター、Webプロデューサーは、個人で仕事を担うというよりかは、プロジェクトで活躍できる場が多いようです。

ゲームエンジニア

ゲームエンジニアは、文字通りゲーム作りをします。担当する領域によって役割は様々で、キャラクターのアニメーション制作や衝突判定のプログラミングなど、幅広い業務があります。

プログラム言語の習得が必要なので、初心者の方はオリジナルゲームの制作に挑戦し、実務経験を積むことをお勧めします。そのうえで、収入アップを目指しましょう。ゲーム業界では創造性が重視されるため、高品質な作品を生み出し、優れたポートフォリオを用意することが求められます。

インフラエンジニア

インフラエンジニアは、企業のIT基盤を支える重要な存在です。主な仕事は、システム開発の初期段階での準備作業を行うことです。この分野には、クラウドエンジニアやデータベースエンジニア、セキュリティエンジニアなど、専門性の高い職種が存在します。

インフラエンジニアの需要は高いですが、高度な専門性が求められるので、IT業界での実務経験を積んでからフリーランスへ転職するのがおすすめです。

マーケティング系の仕事一覧

マーケティング系の平均年収

仕事

平均年収

広報・PR

約330万円

ブロガー・アフィリエイター

約420万円

Webマーケター

約500万円

Webライター

約600万円

データサイエンティスト

約900万円

広報・PR

広報・PRの仕事は、クライアントの製品やサービスの魅力を多くの人に知ってもらうためのPR戦略を立案し、実行します。従来の広報・PR業界では人手不足が深刻化しているため、即戦力となるフリーランスの活用が増えています。

ブロガー・アフィリエイター

ブロガーやアフィリエイターは、ウェブサイトを運営し、記事を投稿することで収益を得ています。この仕事は、インターネットの普及に伴い増えてきた新しい働き方の一つです。

収益を上げるには、質の高い記事を書き続けることが重要になります。適切な情報発信によってサイトの集客力が上がり、それに伴い収入も増えていきます。この仕事を始めるにあたり、ある程度専門的知識が必要です。

ブロガーやアフィリエイターは人気の副業ですが、結果が出るまでに時間がかかるため、途中で挫折する人も少なくありません。しかし、継続できれば十分な報酬が期待できます。さらに、一旦成功すれば、ウェブマーケティングの専門性を高められます。

Webマーケター

インターネット上で行われるマーケティング活動を専門的な仕事がWebマーケターです。SNSを活用した新規顧客獲得にも携わり、データ分析に基づく戦略立案と成果最大化を図ります。

この仕事は高度な分析力が求められ、的確な施策立案と実行力のあるWebマーケターは企業から高く評価されます。一定の経験を積めば、フリーランスとして独立する人も多く、初心者でも起業の可能性があります。

Webライター

ウェブライターは、様々なウェブサイトで記事を書く仕事を担う人々のことです。フリーランスとして始めやすく、副業としても人気があります。初心者でも案件が豊富にあり、スキルを身につけていけば報酬アップが期待できます。

報酬は一般的に文字数単価制で、「1文字1円」が多いですが、初めは収入が少ないかもしれません。しかし、専門知識が必要な分野では単価が高く、「1文字5円」以上の報酬設定もあります。

データサイエンティスト

データサイエンティストは、膨大な量のデータを分析・解析し、その結果を新製品開発やサービス向上に生かす専門家です。彼らには課題解決策の立案や経営・ビジネス戦略への貢献も期待されており、企業にとって重要な存在となっています。デジタル化が進む中で、データ処理能力を持つデータサイエンティストの需要は高まる一方です。

フリーランスとして活動するには、高い能力が求められ、フリーランスになる前に、企業で経験を積み実績を作ることがおすすめです。

デザイン・クリエイティブ系の仕事一覧

デザイン・クリエイティブ系の平均年収

仕事

平均年収

カメラマン

約380万円

映像クリエイター

約400万円

イラストレーター

約470万円

Webデザイナー

約520万円

グラフィックデザイナー

約550万円

カメラマン

カメラマンの仕事は多岐にわたり、テレビ、商業、報道など様々な分野で活躍しています。カメラマンとして生計を立てるには、生まれ持ったクリエイティビティと技術力が必要になるでしょう。

約8割のカメラマンがフリーランスまたは自営業者であり、未経験者がフリーランスとして始めるのは困難で、多くは広告制作会社などで経験を積んだ後、独立する傾向があります。カメラマンのアシスタントとしてキャリアをスタートさせるのも珍しくありません。

映像クリエイター

映像クリエイターは、YouTubeなどで自身の作品を発表する人々から、テレビ番組や映画、CMなどのプロフェッショナルまで幅広い人々が含まれます。自由な発想と技術を駆使して、独自の視点を映像作品として表現することが求められます。

キャリアパスは多岐にわたり、個人として活動するか企業に所属するかで大きく異なります。未経験者は副業から始めるのが良いでしょう。収入面では個人差が大きく、平均年収は400万円程度ですが、能力次第で更に上を目指せます。

イラストレーター

イラストレーターは、雑誌、書籍、ウェブサイトなど様々な場所で、クライアントの要望に沿ったイラストを作り上げることが主な仕事内容です。

フリーランスのイラストレーターも多く、SNSなどで自身の作品を発信することで認知度を高め、様々な依頼を受けられる可能性があります。近年はデジタルイラストが主流で、ペンタブレットなどのデジタル機器に習熟することで仕事の幅が広がります。

Webデザイナー

ウェブデザイナーは、クライアント企業の要望を汲み取り、ビジネスコンセプトを反映したデザインを提案します。レイアウトや色彩、ロゴの配置など、視覚的な美しさだけでなく使いやすさにも配慮が必要です。

デザインを実際のウェブサイトに反映させるためのコーディング作業も行います。良質なウェブサイトを制作するには、高い創造性と技術力に加え、クライアントとのコミュニケーション能力も欠かせません。

グラフィックデザイナー

グラフィックデザイナーは、雑誌、広告、ポスター、商品パッケージなどの印刷物のデザインを手掛ける職業です。

この職種はフリーランスが多く、クラウドソーシングやコンペ形式の公募も活発です。一方で、広告会社に所属するデザイナーの多くは専門学校やスクールを経て育っています。未経験からでも独学で参入することはできますが、ライバルが多いため、スキルアップが重要となります。

接客系の仕事一覧

接客系の平均年収

仕事

平均年収

占い師

約250万円

美容師

約250万円

パーソナルトレーナー

約500万円

カウンセラー

約600万円

営業代行

約620万円

占い師

占い師は、相談者一人ひとりの悩みに耳を傾け、手相やタロット、姓名判断などの占術を用いて解決策やアドバイスをします。

占い師になる方法は様々で、専門スクールで学んだり、既に活躍している占い師に師事したり、独学で知識を身につけ、副業として始めるというケースもあります。

占い師は歩合制が一般的なため、実力次第で収入は変動します。人気占い師の中には月収100万円以上の人もいるようです。

美容師

美容師は、カットやカラー、ヘアケア等に関する高度な知識と技術を身につけ、国家試験に合格する必要があります。美容室に勤務するだけでなく、経験を積んで独立開業したり、フリーランスとして働くことも可能です。人気店やSNSのフォロワー数が多い美容師は、年収も高くなる傾向があります。

パーソナルトレーナー

パーソナルトレーナーは、一人ひとりに合わせた丁寧なトレーニングと食事指導を提供する専門家です。自宅をオフィスとして活用したり、ジムと契約を結んで働いたり、クライアントの指定した場所に出向いたりと、働き方は多様です。

近年では、オンラインでの指導も増えており、柔軟な働き方を実現できます。継続的なクライアントを確保すれば、フリーランスとしても安定した収入が得られますが、企業に雇われる場合と違い、自らクライアントを獲得する必要があります。

カウンセラー

カウンセリングは、学校や医療・福祉現場、キャリア支援等の場で、相談者の心の悩みに寄り添い、サポートを行う接客系の自由業です。

フリーランスや契約社員としても働くカウンセラーは少なくありませんが、柔軟な働き方が可能な半面、相談者に寄り添えるよう、高い専門性が求められます。

営業代行

フリーランスの営業代行は、企業にとってコストを抑えつつ即戦力としての活用が可能であり、フリーランス側にとっても高収入が期待できる仕事スタイルです。収入形態は成果報酬型、固定報酬型、複合型報酬などがあり、固定報酬型の場合は月額50万円前後が一般的です。

フルタイムで働けば、平均年収は約620万円と一般サラリーマンを上回る高収入が得られます。自身のスキルを活かして自由に働ける営業代行は、高収入を手にする選択肢の一つと言えるでしょう。

経営・運営系の仕事一覧

経営・運営系の平均年収

仕事

平均年収

個人投資家

約200万円

民泊経営

約250万円

ネットショップ運営

約300万円

シェアハウス運営

約450万円

サロン運営

約550万円

士業(税理士・司法書士など)

約650万円

コンサルタント

約850万円

個人投資家

個人投資家は、自身の資金を運用して投資を行います。投資スキルによって年収が大幅に変わります。近年、政府から個人投資を後押しする制度「NISA」が発表されたことで、多くの人々が投資に関心を持つきっかけとなりました。特に2015年以降、個人投資家の数が急増しており、副業ブームも相まって存在感を増しています。

民泊経営

民泊経営は、自宅や使っていない物件をゲスト用の部屋として貸し収入を得ます。備品監理、衛生管理、問題発生時の対応が求められたり、物件の立地や利用者のニーズを考えたりする必要があります。さらに、民泊の経営は部屋の固定費用がかかり、基本的な経理や財務管理の知識も必要不可欠です。

ネットショップ運営

ネットショップの運営には、商品企画、ウェブサイト構築、マーケティングなど多岐にわたる知識と業務が求められます。初期投資が可能であれば、ショップ構築や運用の一部をプロに委託することもできますが、事業規模と収益見込みを事前に検討する必要があります。収入に関しては個人差が大きく、収入のない人から数億円の収入者までいます。

シェアハウス運営

シェアハウスは、家賃を抑えながら人々との交流を楽しめるため、近年注目を集めています。運営者側は、同じスペースを多くの人が共有するため、一般の賃貸物件よりも高い利益が期待できます。

国土交通省が実施した調査では、都心部にシェアハウスが集中していることが分かりました。一方で、最近は地方でも空き家をシェアハウスとして活用する動きが広がっています。運営を専門業者に委託することで、副業からゆったりと本業化することもできます。

サロン運営

サロン運営は、フリーランスとして比較的手軽に始められる職種の一つです。リラクゼーションサロンであれば、初期費用が抑えられ、特別な資格を取得する必要がないため、多くの人に適しています。

サロン運営は、施術からサービス、接客まで、全てを自由に設計できる点にあります。自宅をサロンスペースとして活用することで、さらに費用を抑えられます。この自由度の高さが、個性的なサロン作りを可能にしています。一人で全てを手掛けるソロ運営から、スタッフを雇った大規模運営まで、運営の仕方は柔軟です。

士業(税理士・司法書士など)

司法書士や税理士、弁護士などの「士業」の職種は、高度な専門知識を持ち、独立して働くことができます。個々の顧客ニーズに応えるため、特に、司法書士、土地家屋調査士、社会保険労務士などがフリーランスに適しています。

フリーランスとして複数の士業のスキルを活かしてサービスを提供すれば、雇用労働者よりも収入を得られる可能性があるので、魅力的な選択肢と言えます。

コンサルタント

コンサルタントは、特定分野に精通し、様々な経験から得た洞察力を活かして、クライアントの課題解決に向けた革新的な提案を行う職業です。経営、恋愛など、幅広い領域でコンサルタントが活躍しています。

コンサルタントは、実体験に基づいた具体的で的確な助言がクライアントに求められるので、その分野での豊富な実務経験と多角的な視点が欠かせません。

クリエイティブ系の仕事一覧

クリエイティブ系の平均年収

仕事

平均年収

デザイナー(Web、UI/UX、グラフィック、CGなど)

約350万円

フォトグラファー

約400万円

動画編集者、映像クリエイター

約400万円

デザイナー(Web、UI/UX、グラフィック、CGなど)

デザイナーの職種は一見して単一に見えますが、実際には高い専門性に基づいて多岐にわたっています。例えばウェブサイトのデザインを手掛けるWebデザイナー、ユーザーフレンドリーなインターフェースを追求するUI/UXデザイナー、ポスターや雑誌の表紙、商品のパッケージなどを制作するグラフィックデザイナーなど、それぞれ得意分野が異なります。

デザイン業務は顧客のニーズに応じて個別のプロジェクトごとに完結することが多いため、フリーランスに適した職種だと言えます。デザイナーは創造性が強く求められる職種であり、成果や人気度が直接的に収入に反映される傾向があります。

フォトグラファー

フォトグラファーの仕事は多岐にわたり、芸術作品としての写真から、広告や商品撮影まで様々なスタイルがあります。仕事の場所も自由で、世界中を動き回るフリーランスのフォトグラファーも多くいます。

日本のフォトグラファーの平均年収は約400万円ですが、トップクラスと初心者では年収にかなりの差があるようです。フォトグラファーとして成功するには、才能に加えて経験を積み、スキルと人脈作りも重要となります。

動画編集者、映像クリエイター

動画編集者や映像クリエイターは、近年需要が高まっているフリーランスの職種です。文字よりも視覚的に魅力のある動画が重視され、特に広告業界やメディア業界で活用が進んでいます。

近年、SNSや動画配信サービスの普及により、動画制作のスキルが一般化しつつあります。未経験者でも比較的簡単にスキルを身につけられるようになり、副業としての動画編集も可能になってきました。今後、動画編集者や映像クリエイターは多様な分野で活躍の場を広げていくことでしょう。

インフルエンサー系の仕事一覧

インフルエンサー系の平均年収

仕事

平均年収

ティックトッカー

平均年収データはなし

ライブ配信(ライバー)

約68万円

インスタグラマー

約320万円

ユーチューバー

約450万円

ティックトッカー

TikTokは人気の動画共有プラットフォームで、収入源としては、TikTok LIVEでのギフト、企業からの案件、アフィリエイト、スポンサー収入などが一般的です。

ある特定のジャンルに特化したオリジナルコンテンツを継続的に投稿し、視聴者の関心を引きつけることが重要です。質の高いコンテンツを一貫して提供すれば、人気ティックトッカーになり、収入機会も増えるでしょう。

ティックトッカーの平均年収は明確なデータがありませんが、個人のクリエイティビティ、努力、視聴者との関わりによって収入が決まるようです。

ライブ配信(ライバー)

インフルエンサーの一職種であるライブ配信者は、配信アプリを使って実況中継を行い、視聴者から寄付などで収入を得ています。人気の配信者となれば1,000万円を超える可能性もあるでしょう。

初心者と人気者の収入格差は大きく、個性や魅力的なコンテンツが必要不可欠です。さらに、ライブ配信は編集ができないため、即興性と話術が求められます。

配信アプリは「17LIVE」や「ミクチャ」、「ツイキャス」など様々ありますが、ゲームや音楽といった特定のスキルを生かせるジャンルでは、女性が人気を集めやすい傾向にあります。

インスタグラマー

インスタグラムを活用し、自身の特技や趣味を発信し、多くのフォロワーから影響力を持つ人々をインスタグラマーと呼びます。美容やダイエットなどの特定分野に特化した投稿が多く、企業からも評価され報酬を得ることがあります。

インスタグラマーとして成功するには、ある一つのテーマに沿って独自のコンテンツ情報発信したり、自身をブランド化したりすることが重要です。

ユーチューバー

ユーチューバーは、YouTubeで動画を投稿し、視聴数や広告収入から収益を得ます。副業として始められる機会があり、開始費用が無料なことから、この職業に携わる人が増えています。

ユーチューバーは子供から大人まで幅広い層から支持されており、人気者は高い影響力を持ち、タレントと同様の存在感があります。成功するには、動画制作のスキルはもちろん、個性や魅力の育成、新しいアイデアを生み出す企画力、他者との差別化、そして継続力が欠かせません。

収入はユーチューバーによって大きく異なり、ゼロから数億円の範囲に広がっています。そのため、必ずしも収益が得られるとは限らず、リスクもあります。

フリーランスになるまでの手順

フリーランスになるまでの手順

どんなフリーランスになりたいか決める

フリーランスとして成功するには、まず自分がどのような分野で活躍したいのかをはっきりと描くことが大切です。自分の長所や経験、スキルを冷静に分析し、得意分野を見極めましょう。

ただし、フリーランスには収入の不安定さというリスクが伴います。仕事が思うように進まない時の対策も立てておく必要があります。バイトなど副業を確保したり、クラウドソーシングに登録したりするのも一つの手です。

事前に情報収集をする

フリーランスで成功を収めている人々の情報を積極的に収集し、彼らの経験から学ぶことが重要です。彼らの活動は、フリーランスとして働く上での道しるべとなり、何をすべきか、何を避けるべきかを教えてくれます。これらの情報を事前に詳しく調べておけば、スムーズにフリーランスへの準備ができるでしょう。

また、インターネットで調査することも効果的です。求人市場で求められる資格やスキル、求められる人物像がわかれば、今後自分がどのように行動すればよいか、ある程度計画することができます。

フリーランスになるための準備期間を確保する

フリーランスへの転身には適切な準備が欠かせません。まずは最低3ヶ月の期間をかけて、実務で役立つスキルを磨き上げましょう。同時に、時間管理や請求書作成、税務知識など、フリーランスとして必要な基本知識も習得しておきましょう。

さらに、最初の数ヶ月は収入が不安定な可能性があるため、最低限の生活費を蓄えておくことをお勧めします。準備不足は質の低い仕事や納期遅れにつながりかねません。自分で設けた準備期間は、フリーランス生活を円滑に送るためには不可欠な時期になるでしょう。

しっかりスキルを身に付ける

フリーランスとして成功するためには、適切なスキルを身に付けることが非常に重要です。現在の職場で経験を積みながら、休日や残業後の時間を利用して勉強に取り組み、安定した収入を得ながらスキルアップを図ることができます。

仕事を辞めてからスキルを習得するという選択肢もありますが、リスクが高くおすすめできません。現在の仕事を続けながら学ぶ方が、計画の見直しや転職の余地があります。さらに、既にお持ちのスキルをフリーランスで活用することも検討すべきでしょう。

まずは副業としてはじめる

フリーランスの道へ踏み出すには、まず現職を維持しながら副業としてスタートするのが賢明です。ただし、副業を始める前に、現在の勤務先で副業が許可されているかを確認しましょう

自分の時間を活用し、経験を積むための第一歩として、クラウドソーシングサイトなどで案件を探してみたり、自身のウェブサイトやSNSを活用したり、直接企業にアプローチしたり、オンラインコミュニティに参加したりと、様々な手段を駆使して案件を探すことが重要です。

報酬の多寡にこだわらず、様々な仕事に挑戦することで、フリーランスとしての経験値を上げていくことができます。フリーランスの仕事を徐々に増やし、安定した収入源を確保することが目標です。最終的には副業から本業へと移行し、フリーランスで生計を立てられるようになるまで継続します。

目標達成できたら遂にデビュー

まずは現実的な目標を設定しましょう。1ヶ月でどれくらい稼げるか、計画を立てながら、目標金額を決めてみましょう。その目標を達成できた時が、フリーランスとして独立する良いタイミングになるでしょう。

目標達成に向けて意欲を失わないよう気をつけましょう。挫折しそうになっても、常に目標を意識し続けることが大切です。

メイン業務だけでなく、副業としてフリーランスをする場合は、事務作業の効率化も重要になります。本業に専念し、時間を有効活用するため、さまざまなツール・アプリを上手に活用しましょう。

フリーランスとしての利益を上げる

フリーランスとして利益を最大化するには、自己投資をし、地道にスキルを磨き続けることが大切です。専門性を高めることで、自分が扱える案件の単価が上がる可能性があります。

最初は単発の仕事が中心になるかもしれませんが、ある程度経験を積めば長期的な案件を積極的に探しましょう。定期的な収入源を確保でき、長期的な依頼者との信頼関係を考慮され、単価アップの機会も生まれます。

さらに、収入の安定性を高めるため、複数の案件を持つことを意識しましょう。仕事の減少に備え、定期的に収入を確保できます。提供するサービスの品質にこだわり、依頼者の満足度を高めることを心がけましょう。

フリーランスのメリット・デメリット

フリーランスのメリット

フリーランスメリット

働き方が自由

フリーランスの最大の魅力は、自分のペースで時間や場所を選べる自由な働き方にあります。従来の会社員とは異なり、その日の調子や状況に合わせて最適な環境で仕事ができ、好きな時間に集中して仕事を進められるため、生産性も上がります。

高収入を目指せる

フリーランスは案件の数や自分のスキル次第で、若いうちから高収入となるチャンスがあります。自由な働き方ができる一方、自己管理が難しく、自身のキャパシティーを超えてまで働くのはおすすめできません。

自分と話し合い、適切なワークライフバランスを保ちながら、高収入を目指して働けるのは、フリーランスの最大のメリットです。

できる仕事は自分で選択

フリーランスは、自分の専門性や関心に合わせて仕事を選択できます。会社員は組織の目標やニーズに応じた業務を行うことが求められますが、フリーランスなら得意分野に特化した仕事に集中できます。

ただし、過度に仕事を選り好みするとクライアントからの信頼を失う恐れがあるため、自由度と受注のバランスを意識する必要があるようです。

作業ペースは自分でコントロール

フリーランスは、仕事の進行状況を自分で決められます。自分で日々の作業量を決め、工夫しながら達成することで、残りの時間を自由に使えるので、ライフワークバランスが取りやすいことが言えるでしょう。

やりがいを感じやすい職業

フリーランスとして働く上で、自分の力で仕事を獲得し成し遂げることで、大きな達成感とやりがいを感じられるでしょう。

会社員として決められた業務を行う場合、成果が組織の一部となり個人の貢献が見えにくいことがありますが、フリーランスなら自分の働きが直接的に収入に繋がります。また、達成感を糧に自信の技術を磨こうと向上心にも繋がるでしょう。

フリーランスのデメリット

収入が不安定

フリーランスとして活動を始めると、初期の頃は収入が不安定になるのは避けられません。未経験者の場合は、簡単な仕事から始めざるを得ず、単価も低くなります。

しかし、そうした低単価の仕事を経験し、実績を積み重ねていくことで、徐々にスキルが磨かれ、高い報酬を得られるようになっていきます。収入が安定するまでには時間を要しますが、着実に経験を積み重ねることが大切です。

クレジットカードやローンの審査が厳しくなる

フリーランスは自由度が高い反面、収入が不安定なため、金融機関から信用を得にくいでデメリットが挙げられます。フリーランスを始める前に、カード等の審査に通りにくい事を見越したうえで、カードを作ることをおすすめします。

福利厚生・社会保障制度が受けられない

フリーランスは、会社員のように福利厚生や社会保障制度の適用が難しいです。会社員の場合、雇用者による保険料の一部負担や有給休暇、産休・育休制度など手厚い待遇を受けられますが、フリーランスの場合、すべて自己負担する必要があります。

保険料が高額になりがちで、病気や怪我の際も自力で対処しなければならず、ライフイベントとの両立も自身で調整する必要があります。フリーランスとして生計を立てる際は、将来の計画をしっかり立てることが重要です。

人との繋がる機会が減りやすい

フリーランスは自由な働き方ができる一方、人間関係を築く機会が少なくなります。一人で仕事をすることが多いため、同僚や先輩後輩との交流が限られ、孤独感を感じやすいです。

精神的ストレスに陥るかもしれないので、コワーキングスペースで他のフリーランスと交流したり、チームを組んで協力したりするなど、人とのつながりを維持する工夫が適宜必要です。

公私混同しやすい職業

フリーランスとして働く際、仕事とプライベートの境界線が曖昧になりがちです。自由に時間管理ができる一方、締め切りを意識せずに仕事を後回しにしてしまう、反対に本来は休むべき時間に仕事をしてしまい無理をしてしまう等の危険性があります。

そのような状況に陥らないように、副業から仕事を試し、フリーランスに働き方に慣れることをおすすめされます。

自己管理が難しい

フリーランスの働き方は、時間や場所、スケジュールなどを自身で管理する自由があると同時に、それらは全て自己判断に委ねられます。

体調不良時の対処やモチベーション維持など、自己管理能力が乏しい人にとっては、フリーランスは困難な面も多いでしょう。会社時代のように、ルールに従う安心感を望む人にとっては、フリーランスとしての働き方の方が適していないかもしれません。

フリーランスで活躍するために意識する事

未経験やスキルなしでは生き残れない

フリーランスへの憧れから、会社を退職して自由な生活を送りたいと考える人も多いでしょう。しかし、専門的なスキルや経験がなければ、待遇のよい案件を発注するのは困難です。

会社員として働きながら副業を経験することで、実践的なスキルを磨きながらフリーランスとして働く準備ができます。自分が現在どのレベルにいるのか客観的に判断して、フリーランスに転職することがおすすめされます。

全部自分でやらなければならない

フリーランスは、さまざまな業務を一手に引き受ける必要があります。本業のほかに、営業活動、経理事務、社会保険手続き、確定申告、納税など、多岐にわたる事務業務を全て自分で行う必要があります。

さらに、スケジュール管理やクライアントとの交渉も自身で行わなければならず、自己管理能力とコミュニケーション能力が非常に重要です。

営業に関して、仕事の受注判断や価格設定は難しく、過小評価して安値受注してしまうと損失が生じてしまいます。そのため、見積もりや契約内容、業務範囲をクライアントとしっかり詰めておくことが不可欠です。

フリーランスに転職する前には、専門的スキルを磨くだけでなく、事務作業能力や営業スキルについても学ぶ必要があるので、十分な準備期間を設けることをお勧めします。

フリーランス転職におすすめのエージェント

フリーランスとして活躍するためには、専門知識と情報収集が欠かせません。その際、フリーランス専門の転職エージェントに相談するのがおすすめです。

中でも「レバテックフリーランス」は、50,000件以上の豊富な案件から、あなたのスキルと希望に合った仕事を見つけられます。ITスキルを活かしたい方に人気があり、スキルアップのための研修制度も充実しています。

エージェントごとに特色があるので、自分に合うところを選んで活用すると良いでしょう。

フリーランス転職の種類まとめ

フリーランスへの転職には様々な形があります。専門的なスキルを活かして独立する「専業フリーランス」や、本業と並行してフリーランス活動を行う「副業フリーランス」などの選択肢があります。

この記事では、職業の系統ごとにフリーランスとしての仕事を一挙紹介しました。それぞれの働き方や年収を考慮して、フリーランスとして働いている自身の将来像を描きながら職業の選択肢を用意する事がおすすめされます。

ぜひ本記事を参考にして、フリーランス転職を検討してみてください。最後まで読んでいただきありがとうございました。