フリーランスエンジニアはやめとけと言われる理由は?SEの現実を徹底解説

更新

フリーランスエンジニアとして働くことは、自由に時間を使えたり高収入を得たりするメリットがある一方で、様々な課題に直面する可能性があります。

ここでは、実際のフリーランス経験者から聞いた話をもとに、この働き方のメリットとデメリットを徹底的に探り、フリーランスエンジニアとして成功するための重要なポイントを紹介していきます。

フリーランスエンジニアはやめとけと言われる理由

フリーランスエンジニアはやめとけと言われる理由

収入が不安定になるリスク

フリーランスエンジニアになると、案件ごとに報酬が発生するため収入が不安定になる可能性があります。自分のスキルが高くなければ、営業活動をしたとしても必ず案件を獲得できる確立が下がりやすいです。

また、病気や怪我で働けなくなった場合、会社員のような社会保障制度や有給休暇がないため、一時的に収入が途絶えるリスクもあります。

フリーランスエンジニアの競争率が激しい

フリーランスエンジニアの増加により、市場競争が激化しています。フリーランスブームの始まりから数年が経ち、市場はすでに飽和状態に近づいています。案件数が限られる中、多くのエンジニアが厳しい価格競争に晒されています

経験豊富なエンジニアは、その実績によりクライアントの信頼を獲得しているようです。

一方、フリーランスキャリアの初期段階にある人や未経験者は大きな影響を受けます。そのため、新規参入者はこの壁を乗り越える必要があるのです。

高いスキルを持っていないと生き残るのは難しい

フリーランスエンジニアとして成功するには、高度な専門性と幅広い知識が求められます。初心者やスキルセットが限られたエンジニアにとって、生き残るための競争は激しくなっています。

企業が求めるのは、単なる基本スキルではなく、IoTやAI、デジタルトランスフォーメーションを牽引できる高度な専門性を備えたエンジニアです。そのような要求に応えられるエンジニアは高く評価され、豊富な案件を獲得できます。

しかし、そうしたレベルに達していないエンジニアはフリーランスとして厳しい現実に直面する可能性があります。

営業スキルがないと厳しい

フリーランスエンジニアとして活動するには、専門技術はもちろん重要ですが、営業力も欠かせません。特に、キャリアの浅い方にとっては、営業スキルの不足が大きな課題となるでしょう。

自分の能力を適切にアピールし新しい仕事を獲得するためには、営業活動が不可欠となります。また、業界に人脈がない場合は、地道な営業を続けなければ自分のスキルを活かせる機会を得られません。

仕事を獲得した後は、提案書の見積もり作成や継続的に案件を発注してもらうために、あるいは新たに案件を獲得するために、営業業務を自分で行う必要があります

マネジメントスキルが磨けない

フリーランスエンジニアは主に技術的作業に従事するため、会社員のようにチーム全体を管理する機会が限られます。チームメンバーのモチベーションを把握し、成功に導くマネジメント能力を磨くことが難しい環境にあります。

さらに、他のメンバーとの関わりが少ないため、自然とマネジメント経験を積めなくなってしまいます。その結果、マネジメント経験が求められる案件への応募が困難になることもあります。

一方、企業に所属するエンジニアは30代から40代にかけて、マネジメント経験を積む機会が多いとされています。

このように、フリーランスエンジニアとしてキャリアを歩む場合、マネジメントスキルを磨く貴重な時間を失うリスクがあるのです。

業績悪化や不景気に影響されるリスク

フリーランスエンジニアの仕事は、企業の業績や経済状況に大きく左右されるため、安定性に欠けがちです。

不況期には企業側がフリーランスエンジニアの発注を控えるため、会社員よりも早く影響を受けやすいです。特に一つの企業と取引しているフリーランスにとっては、事業の継続は難しくなってしまいます。

このリスクを回避するには、特定の企業に依存するのではなく、複数の企業と取引することが賢明です。

このようにリスクを分散することで、景気の変動への耐性を高めることができるのです。

ノーコード・ローコード時代への突入

IT業界では、プログラミングを必要としない「ノーコード」や、少ないコード量で開発できる「ローコード」といった手法が注目を集めています。これらの手法が普及すれば、高度な技術を持つエンジニアの需要が減る可能性があります。

しかし一方で、これらのツールを活用し複雑な課題に取り組むための新たなスキルが求められるでしょう。

プログラミングの役割は変わりつつあり、時代に合わせた対応が必要となっています。

フリーランスは社会的信用が低い

フリーランスエンジニアは、不安定な収入のために信用スコアが低くなりがちです。

信用スコアが低いと、クレジットカードの利用が難しくなったり、ローンの審査が通りにくかったりと、生活面で様々な制約を受ける可能性があります。

そのため、フリーランスという働き方には社会的な信用面での課題があると言えるでしょう。

フリーランスエンジニアが増加した背景

ワークスタイルが多様になった

デジタル技術の進化により、働き方が大きく変化しています。

リモートワークやフレックスタイム制度の導入など、時間と場所に縛られない柔軟な働き方が広がってきました。この変化の背景には、2019年から施行された働き方改革関連法があり、従来の労働慣行から脱却し、多様な労働形態を実現することが目指されています。

コロナ禍による影響もあり、リモートワークの導入がより加速して働き方の多様化は一層進んでいます。この変革は労働者個人だけでなく、組織全体に影響を与えています。

時代経つにつれ労働環境が多様に変化したことで、フリーランスエンジニアが増加したと考えられます。

IT分野の慢性的人材不足

IT分野における人材不足は深刻な問題となっており、企業内のエンジニアだけでは業務量を処理するのが難しくなっています。そのため、フリーランスエンジニアに業務の一部を振り分ける戦略が企業間で広まっています。

経済産業省の調査によると、この傾向はさらに強まり、2030年までに最大で約79万人のIT人材が不足すると予測されています。特に高位のシナリオでは、IT人材の需要が年々3~9%増加すると想定されています。

これらの結果から、IT分野の人材不足が進行する中で、フリーランスエンジニアの重要性がますます高まっていくことが予想されます。

外国人プログラマーが増えた

フリーランスエンジニアの世界で近年目立つ傾向が「外国人プログラマーの増加」です。この背景には、企業が外国人プログラマーを採用することで人件費を抑えられるというメリットがあります。

海外のプログラマーは、日本人と同等の技術力を持ちながら、経済状況や生活費の違いから、比較的低い賃金で働くことが多くなっています。そのため、コスト削減を重視する企業からは、質の高い外国人プログラマーへの需要が高まっているのです。

この傾向は一時的に落ち着いた時期もありましたが、近年再び増加に転じています。実際、2017年の外国人プログラマーの数は2008年の約3倍にもなりました。

グローバル化が進む現代社会において、フリーランスの外国人プログラマーがさらに増えていくことは確実です。企業側も国際的な視野を持ち、積極的に外国人エンジニアを採用するようになっているのが実情です。

フリーランスの支援事業者が増えた

フリーランスエンジニアの増加は、在宅でも適切に仕事ができるという考え方が広まったことがきっかけとなっています。適切な環境が整えば、自身のスキルを十分に発揮できると認識されるようになり、フリーランスを選ぶエンジニアが増えてきました。

同時に、フリーランスエンジニアを支援する事業者も次々と登場しています。オンラインの求人サイト、エージェントを通じた求人情報提供、企業とフリーランスエンジニアをマッチングするサービスなど、多様な形態があります。

さらに、エンジニアスキルを有効活用するための転職や副業を支援するプログラミングスクールも存在します。これらは、フリーランスエンジニアがスキルを高め、新たな仕事機会を得る助けとなり、そうした働き方を後押ししています。

フリーランスエンジニアの年収は低い?

「専業フリーランスエンジニアとしての年商はいくらですか?」の部分をまとめた円グラフ

フリーランスエンジニアの年収

フリーランスエンジニアの年収は、500万円以上800万円未満の範囲が最も多く、約29.1%を占めています。次いで、300万円以上500万円未満が約28.0%となっています。200万円以上300万円未満が約13.9%、800万円以上1,000万円未満が約12.6%と続きます。

専業フリーランスエンジニアの平均年収は約576万円と推計されています。ここで言うフリーランスエンジニアはの標準的な働き方は、月3件の案件を持ち、週4日、1日5時間稼働するスタイルが一般的です。

また、フリーランスエンジニアになった54.5%の方が収入が上がったことが分かりました。スキルや経験を直接マーケットに提供できるため、収入アップが可能になると考えられます。

参考:Relance 『フリーランスエンジニアの実態調査』

年齢ごとの年収

フリーランスエンジニアの収入は、年齢と経験値に比例して上がる傾向にあります。20代から40代にかけて、年収データを分析すると、キャリアを重ねるごとにスキルが向上し、それに伴って収入も増加するパターンが明らかになっています。

20代のフリーランスエンジニアの平均年収は510万円ですが、30代になると558万円と徐々に上がり、40代では620万円と中年期にさらに収入が伸びます。

また、年収1,000万円超のエンジニアの割合も、20代の5.98%から30代の8.01%、40代の12.67%へと年齢とともに高くなっていきます。

これらのデータから、フリーランスエンジニアにとって年齢と共に蓄積される経験とスキルは、高収入を実現する重要な要素であることがうかがえます。

フリーランスエンジニアになって収入は上がる?

フリーランスエンジニアとして活躍すれば収入が上がるのかという疑問をもつひとは多いと思います。この疑問に対して、フリーランスに転身した54.5%のエンジニアが収入が上がったと回答しています。さらに、36.6%は収入が変わらず、わずか8.9%が収入が下がったと答えています。

つまり、9割以上のフリーランスエンジニアが転身前と同等以上の収入を得られていることがわかります。フリーランスエンジニアのキャリアは、収入面で必ずしもリスクが高いわけではなく、むしろ収入アップのチャンスになり得ます。

ただし、自身のスキルや市場の需要、クライアント獲得力や時間管理力など総合的に見て判断する必要があります。

フリーランスエンジニアになるメリット

自分で仕事を選べる

フリーランスエンジニアには、自らの意思で仕事を選べる大きな自由があります。過去の実績と評価が高ければ高いほど、自分に合った案件を選べるメリットがあります。

自分の特定分野に絞って仕事を選ぶことで、仕事の幅が狭まる可能性はありますが、得意領域に集中できる自由と柔軟性は大きなメリットです。作業効率と品質の向上につながり、自己実現と充実感を得ながら仕事ができると言えます。

さらに、フリーランスエンジニアは気に入らない案件を断る自由もあります。業務内容、報酬、勤務地など、条件が合わなければ辞退できます。

自由に働く場所や時間も選べる

フリーランスエンジニアの働き方は、パソコン一台あれば、場所や時間に縛られることなく自由に仕事ができます。近年では、クライアントとのやり取りもオンラインツールで行えるため、対面での打ち合わせは必要ありません。

この働き方のメリットとして、毎朝の満員電車通勤や決まった場所への出勤ストレスがないことが挙げられます。自己管理は必要ですが、自分のペースで好きな場所と時間に仕事ができるのが魅力です。

若くても高収入になれるかも

フリーランスエンジニアは、スキルに応じた報酬が得られるため、年齢に関係なく高収入を実現できる魅力があります。企業に所属する場合、収入は経験年数や役職に左右されがちですが、フリーランスなら自身のスキルがそのまま評価されます。

若くてもスキルさえあれば、高額プロジェクトに参加して年収1,000万円といった高水準の収入を目指せるのです。自分次第で収入をコントロールできる点が、若手にとって大きな魅力となっています。

人間関係の悩みが減る

フリーランスエンジニアの業務スタイルは、職場の人間関係によるストレスから解放され、自分のペースで集中して作業に専念できるという大きな魅力があります。会社員としては、仕事の成果とは別に、人間関係がストレスの原因になることが多く、そのストレスから逃れるのは容易ではありません。

一方、フリーランスエンジニアなら、他者に左右されず自身の能力を最大限に発揮できるため、ストレスを大幅に軽減し、快適に仕事ができます。人間関係の悩みから開放され、本来の力を発揮できるフリーランスの働き方には大きな魅力があるのです。

フリーランスエンジニアに向いている人・向いていない人

フリーランスエンジニアに向いてる人

実務経験や高いスキルがある人

プログラミング学習環境の充実により、初心者でも基礎的なスキルを身につけやすくなりました。その結果ITエンジニアの供給過多が生じ、単なる基礎スキルだけでは仕事を得ることが難しくなっています。

企業が求めるのは、IoTやAI、DXなどの最先端技術を扱える高度なスキルを持ったエンジニアです。実務経験と専門性の高いスキルを兼ね備えたエンジニアは、現場で即戦力として活躍でき、フリーランスとしても安定した収入を得ることができます。

営業力やコネクションがある人

フリーランスエンジニアとして成功するためには、単に技術力が高いだけでは不十分であり、ビジネスマインドと市場への理解が欠かせません。

理由は、フリーランスエンジニアは自分自身がビジネスの担い手だからです。仕事を自ら獲得し、持続可能なビジネスを維持する必要があります。

また、顧客とのかけひきにおける営業力の重要性が挙げられます。クライアントの無理な要求に対し、上手く交渉し、実現可能な形に持っていく必要があります。

自由に働きたい人

フリーランスエンジニアは、独自のスタイルで仕事ができることが最大のメリットとも言えます。

納期さえ守れば、労働時間や場所は自身で決められます。週3日のペースでも、毎日長時間働くのも自由です。リモートワークを選べば、ペーパーレスや在宅勤務も実現できます。

ただし、案件によっってはオフィス常駐が求められる場合もあるので、事前の確認が必要になります。

向上心があり自主的に働く人

フリーランスエンジニアとして成功するには、自ら仕事を見つけ、契約交渉や納期管理など全てを自分で行う必要があります。受け身ではなく、主体性を持ち、キャリアを築いていく姿勢が不可欠です。

また、常に学び続け、新しいスキルを身につけていくことが重要です。特定の分野に特化しがちなフリーランスでは、積極的に最新の技術トレンドを取り入れる向上心が欠かせません。

フリーランスエンジニアに向いていない人

自己管理ができない人

フリーランスエンジニアとして働くためには、上司の指示に従えばよいことが多い会社員に対し、自己管理能力がより要求されます。仕事の進捗状況を適切に把握し、期限を守り、優先順位を判断する力が求められます。

さらに、仕事だけでなく、健康や財務面でも自己管理が必要不可欠です。体調が仕事ぶりに直結するため体調管理が重要です。また、収支のバランスを保つことも求められます。

楽して稼ぎたいと思っている人

フリーランスエンジニアとして働くには、プログラミングスキルだけでなく、自己管理能力や営業力、交渉力などのビジネススキルが求められます。

短い労働時間で生計を立てることは可能ですが、その分、エンジニア業務以外の様々な業務を一手に担わなければなりません。試行錯誤を重ねながら、それらの業務に対応していくのは非常に大変です。

実務未経験の人やスキルが低い人

フリーランスエンジニアとして活躍するためには、高度な技術力とタスク完遂能力が必須です。クライアントから詳細な指示はほとんどなく、自分で判断して仕事を遂行する必要があります。

そのため、スキルが低い状態ではフリーランスとして活動することは困難です。フリーランスを目指すのであれば、まずは企業で経験を積み、絶え間ない学習を続けてスキルアップすることが重要となります。

営業に自信のない人

フリーランスエンジニアとして活躍するためには、優れた技術力だけでなく、営業力も重要な要素となります。従来の企業では、営業担当者が顧客獲得や交渉を行いますが、フリーランスエンジニアは自ら営業活動を行う必要があります。

近年、案件探しの支援ツールやプラットフォームが整備されてきましたが、それでもクライアントとの値踏みや交渉には営業スキルが求められます。案件獲得と効果的な交渉には営業力が不可欠です。

安定した収入を得たい人

フリーランスエンジニアとしての働き方は、自由度が高い一方で、収入が不安定になるリスクがあります。毎月の生活費を安定した給与で賄いたい人には向いていないかもしれません。

一般的な会社員は、定期的な固定給与と年功序列による昇給が期待できるため、金銭的な安定性を重視する人には魅力的です。フリーランスエンジニアの収入は、基本的に実働した案件と時間に比例します。仕事が増えれば収入も増えますが、案件がない期間は収入が全くなくなる可能性があります。

フリーランスエンジニアで失敗しないポイント

フリーランスエンジニアで失敗しないポイント

常にスキルを磨く

フリーランスエンジニアとして成功するには、常にスキルを磨き続けることが重要です。技術力が高まれば、より高い報酬を得られる可能性が高まります。若いうちから高収入を目指すことも現実的な目標となります。優れた仕事ぶりが評価されれば、次々と新しい案件が舞い込んでくるでしょう

また自分の専門分野だけでなく、他の領域についても幅広く知識を深めることをおすすめします。一般的なプログラミング言語やフレームワークなどのスキルを身につけるだけでなく、関連する分野の理解を深めましょう。それにより多角的な視点を持つことができ、新たなビジネスチャンスにも恵まれるかもしれません。

経験・実績を豊富にする

フリーランスのエンジニアとして成功するには、豊富な経験と実績が重要となります。クライアントはエンジニアを選ぶ際、実績豊富な人を高く評価する傾向があるからです。

特にソフトウェア開発の経験や、過去の成功プロジェクトは大きな強みとなり、クライアントの信頼を得て次の仕事につながります。

仕事を適切に管理する

フリーランスエンジニアとして成功するためには、自身の能力と時間を的確に見積もり、適切な量の仕事を請け負うことが肝心です。過剰な受注は作業がこなせず、ストレスの原因にもなりかねません。

一方で、仕事が少ないと収入が減ります。フリーランスは自ら仕事の調整を行う必要があり、自己管理能力が何よりも重要となるのです。仕事と生活のバランスを保ち、効率的に作業を遂行するには、時間管理力と自己コントロール力が欠かせません。

コネクションを大切に

フリーランスエンジニアにとって、人脈は欠かせない存在です。一人で仕事を獲得するのは困難で、人との繋がりから新しい機会が生まれます。良好な人間関係を築けば、安定した仕事が確保できます。

一方で人脈を無視してしまうと、一時的な仕事しか得られずに継続性に欠けてしまいます。安定した収入を得るには、人とのつながりを大切にしながら常に新しい仕事の機会を探し続ける必要があります。

フリーランス向けエージェントを活用しよう

フリーランスとして活動するにあたり、案件獲得や営業に自信が持てない方も多いでしょう。そんな方には、フリーランス向けエージェントサービスをおすすめします。エージェントサービスは、営業から契約締結までの業務を代行し、あなたのスキルにマッチした案件を提供してくれます。

エージェントには、IT業界に精通した専門スタッフがいます。彼らがあなたの技術力や希望条件を確認し、適切なプロジェクトを提案してくれるのです。契約内容の交渉や手続きもサポートしてくれるため、本業に専念できます。さらに、次の案件を事前に提示してもらえることが多く、安定した仕事の流れが期待できます。

フリーランスのエンジニアはやめておくべきまとめ

フリーランスのエンジニアとして働くことは、自由な働き方と若いうちから高収入を目指せる機会ではありますが、同時に様々なリスクも伴います。収入が不規則で安定しないことや、福利厚生が手に入らないこと、孤独感を感じやすいこと、自己啓発の費用負担が重くなること、ビジネス面での管理業務が発生することなどがデメリットとして挙げられます。

自由とリスクのバランスを見極め、リスクへの対処方法を検討した上で、フリーランスを選択するかどうかを判断する必要があります。

最後まで読んでいただきありがとうございます。この記事を参考に、是非フリーランスエンジニアへ転職するかどうか検討してみてください。