フォーサイトの宅建講座の評判・口コミは?料金や合格率を他社と比較して解説

更新

宅建試験の合格を目指す方の中には、試験対策のための教材としてフォーサイトの宅建講座を検討されている方も多いでしょう。

フォーサイトは充実したeラーニングシステムと優れた合格実績で支持を集めている人気の宅建通信講座の1つです。

ここではそんなフォーサイトの宅建講座について、講座の特徴や他社の通信講座と比べたメリット、デメリットまで実際の受講生の口コミに基づき解説します。


このページにはプロモーションが含まれています

フォーサイトの宅建講座の特徴

フォーサイトの宅建講座の特徴

項目

内容

価格

59,800円と相場並みの金額。資料請求すると10,000円割引。

テキスト・教材

理解しやすい図解付きのフルカラーテキスト。

講師

窪田義幸、北川えりこ、バーチャル講師(真鍋サキ)

オンライン対応

独自eラーニングシステム「ManaBun」を導入。スマホやPCからあらゆる学習が可能。

合格実績

全国平均の4.42倍の合格率(2023年度)を誇る。

受験生の75%以上が合格している。

サポート体制

不合格時には受講料を全額返金。質問対応やスケジュール管理機能も提供している。

フォーサイトの宅建講座は不動産初心者でも安心して取り組めるように、図解付きの鮮やかなフルカラーのテキストを使用しています。

また、鮮明に撮影された高品質な動画講義、そして使いやすいeラーニングシステム(ManaBun)など、提供しているあらゆる教材の質が非常に高いことが特徴です。

実際、フォーサイト受講生が全国平均の4倍以上の合格率を記録していることからも、教材のクオリティの高さが伺えます。

さらに万が一不合格になってしまっても受講料の全額返金を保証する制度を設けているなど、受講生に対して手厚いフォローを行っていることも大きな魅力となっています。


フォーサイト宅建講座の悪い評判・口コミ

フォーサイト宅建講座の悪い口コミ

ここではフォーサイトの宅建講座について、実際の受講者がどのように評価しているのか紹介していきます。

まずは否定的な口コミから見ていきましょう。

テキストが肌に合わない人もいる

抽象的な難しい言葉を羅列しており、あまりの解説の無さにテキストで学ぶのにめちゃくちゃ時間掛かります。

理解するのに他の参考書や他の動画を見て調べなければならないので(ここの動画には解説が無いので講座の動画を見ても解決出来ません)。

みん評より

テキストも私にはすごくわかりにくいです。結局わからないので、ネットで調べてきますので、ほぼ独学の勉強になってます。

みん評より

フォーサイトではテキストのわかりやすさに特に力を入れているにもかかわらず、批判的な口コミの中には「内容が不十分で自ら補足の勉強が必要になる」との指摘が見られます。

しかし、これはあくまで一部の声であり、フォーサイトの公式データによると、受講生の91%が提供されるテキストの内容に満足しているという結果が出ています。

つまり多くの学習者にとってフォーサイトのテキストは十分に役立っていると言えますが、学習スタイルや理解の深さによっては追加の情報検索が必要になる場合もあるようです。

講義内容が不十分

テキストを読んでいるだけで、何も頭に残らない。初学者には到底理解出来ない内容です。解説などはほぼ無い。

みん評より

講義が教材を読んでいるだけで意味がない。教材も説明が少なく初学者は理解しにくい。

みん評より

動画はテキストを読んでいるだけで、問題の回答にも解説はなし。高いテキストと問題集で独学しているのと変わらないです。

みん評より

フォーサイトでは経験豊富な講師陣を擁しているものの、一部の受講生からは動画講義の内容に関して「見る意味がない」「初学者には理解しにくい」という口コミが挙がっています。

これに対し、公式のデータでは講義に対して82%の受講生が「非常に満足」または「満足」と回答しており、全体としては高い満足度を示しています。

この情報から判断すると、大多数の学習者にとってフォーサイトの講義は有益で分かりやすいものであると言えますが、個々の学習者のニーズや前知識のレベルによって感じ方には差があるようです。

テキストの誤字脱字が多い

とにかく誤字や間違いが多く、訂正は数十箇所に及びます。

酷い時はテキストに書かれている公式が間違えており、それには流石に度肝を抜かれました。そのまま覚えていたらと思うと恐ろしくなります。

みん評より

テキストは見やすいと思いますが、訂正箇所が多すぎます。
勉強を始める前にテキスト4冊、問題集5冊 すべての訂正箇所を確認するだけでテンションが下がりました。

みん評より

上記の口コミのように「テキストに誤字脱字や誤った情報が多い」と指摘する口コミも少数ですが見受けられました。

不安に感じる人はフォーサイトの講座を利用する際に他にもテキストや参考書などを併用して内容を確認しながら学習するのが良いでしょう。

フォーサイト宅建講座の良い評判・口コミ

フォーサイト宅建講座の良い口コミ

次にフォーサイトの利用者から寄せられた良い評判を見ていきましょう。

短期間で合格できる

勉強期間は1~2カ月だと思います。

短期集中型の方が自分には合っていますし、フォーサイトは教材の内容もギュッと詰まっていて、量としてはコンパクトな気がしたので、ぴったりだと思いました。

フォーサイトより

宅建はかなり広い分野から問題が出題され、それらを全て理解するのは困難です。
しかし、重要度の高い分野、捨てても良い問題などは窪田先生の講義や問題集などでしっかりと指示してもらえます。
勉強時間は約160時間と、一般的に合格までに必要とされる時間よりもかなり短い時間で合格点を取ることが出来ました。

フォーサイトより

宅建試験の合格には初学者には約4~6ヶ月、既にある程度の知識を持つ人であっても2~4ヶ月の学習期間が必要と言われています。

しかし、フォーサイトの宅建講座を利用することで、これらの一般的な学習期間よりも短い時間での合格が可能になることが多くの合格体験記や口コミからわかります。

短期間での合格を目指せることはフォーサイトが提供する最大の利点の一つであり、効率的に目標を達成したい受験生にとって魅力的な選択肢となっています。

eラーニングシステムが充実している

子どもがまだ小さいので、まとまった学習時間が取りづらかったのですが、移動時間や家事のスキマ時間にちょっとManaBunを開いて一問一答演習をささっとできるところがすごく良かったです。

フォーサイトより

(eラーニングシステムが)受講の決め手でした。時間が思うように取れない社会人には本当に有難いです。通勤中も仕事の合間にも活用させて頂きました。隙間時間に問題演習が出来て大満足でした。

フォーサイトより

合格者インタビューや口コミから、フォーサイトはeラーニングが充実していることで、まとまった勉強時間を確保するのが難しい人であっても隙間時間を利用して効率的に学習を進めることができることがわかります。

また、eラーニングでは一問一答形式などの手軽な学習コンテンツが豊富に用意されていることも極めて魅力的なポイントの一つです。

スケジュール管理機能

自信なかったけど採点したら結構良かった!

フォーサイトの講座でスケジュール管理できたから何とかだらけつつもこなしていけました。

X(旧Twitter)より

スケジュール機能が自動で何の学習をしたら良いのか示してくれるので、「今日は動画を見る」など素直にその通りに進めていました。初めての勉強だったので何をしたらいいのか分からないような状態だったのですが、スケジュールを組んでくれることによって安心感がすごくありました。

フォーサイトより

この機能を使うことで、受講者は何を、いつまでに学習すべきかを具体的に確認できるため、計画的に学習を進められることがわかります。

これにより学習目標に向かって着実に進捗を遂げることができるため、オンラインで学びながらもモチベーションを維持し、学習を継続することが容易になるでしょう。

フォーサイト宅建講座の他社と比べたデメリット

フォーサイトの他社と比べたデメリット

これまでにフォーサイトの宅建講座に対する受講者からの評価を紹介してきました。

次にフォーサイトと他社の宅建講座の具体的な違いを見ていきます。まずは他社と比べて正直劣っているポイントをご紹介します。

コースによっては他社より高額

フォーサイトの講座は品質とサービスの面で口コミでも高評価を集めていましたが、コースによっては他社の提供する講座よりも価格が高めになってしまう欠点があります。

もちろんこれはフォーサイトの価格設定が市場の相場から大きく外れているということではなく、むしろその質の高さを反映していると言って良いでしょう。

しかし、予算を最優先に考える方にとっては、コストパフォーマンスを重視したより安いコースを提供する講座の方が適しているかもしれません。

質問できる回数は10〜20回まで

フォーサイトの講座は質問できる回数に10〜20回の制限が設けられています

他社の宅建講座の中には質問回数を無制限で設けている講座もあるため、比較すると回数に制限があることがネックに感じるかもしれません。

一般的には設定された回数内でも十分な場合が多いですが、学習中に細かい疑問を多く持ち、できるだけ多くのフィードバックを得たいと考える方にとっては、この制限が学習の進行に影響を与える可能性があります。

そのため質問回数の制限に不安が残る場合は、無制限に質問できる他社の講座を選ぶ方が良いでしょう。

フォーサイトで学べる内容には限りがある

フォーサイトの教材は、不要な内容を削減し受験生が効率的に合格できるように設計されています。そのため必要最低限の学習で合格を目指す受験生にとってはフォーサイトの講座は最適ですが、学べる内容には制限があります。

広範囲にわたる知識を深掘りしたい受験生や、より余裕を持って合格対策を立てたい方にとっては、フォーサイトのカリキュラムだけでは物足りなさを感じるかもしれません。


フォーサイト宅建講座の他社と比べたメリット

フォーサイト宅建講座の他社と比べたメリット

次にフォーサイトの宅建講座の他社と比べて優れている点を紹介します。

講義のクオリティが高い

フォーサイトは、専用スタジオでハイビジョンで撮影された講義のクオリティの高さが大きな特徴です。

撮影された講義は映像も音声も鮮明であり、ストレスなく学べると受講生からも評判です。加えて、フォーサイトはVtuberを用いた講義も選択することが可能となっており、これにより従来の講師による授業と変わらぬクオリティを維持しながら、受講生に新鮮な学習体験を提供しています。

ライブ授業も大好評

フォーサイトでは、一般的な通信講座の形式である録画された講義動画の視聴に加え、リアルタイムで参加できるライブ授業も提供しています。このライブ授業は受講生から大好評を得ており、実際の教室で学んでいるような臨場感を味わえる点が特に評価されています。

質問がすぐにできたり講師との直接的なコミュニケーションが可能だったりと、リアルタイムの授業ならではの強みも多いので、フォーサイトにこうしたライブ授業があることは学習効率の向上やモチベーションの維持にもつながるでしょう。

こだわりが詰まったフルカラーテキスト

フォーサイトの講座を受講している人のテキストに対する満足度は91%に達しています。

この高い満足度の背景には、フォーサイトのテキストに対する徹底したこだわりがあります。テキストは全てフルカラーで制作され、理解しやすいように図やイラストが豊富に用いられています。

抽象的で理解に苦しみやすい内容も、受講生がより効率的に学習を進めることができるよう工夫がされているので、初めて宅建試験にチャレンジする方でも抵抗感なく学べるでしょう。

オリジナルのeラーニングシステムが優秀

フォーサイト独自のeラーニングシステムも受講者からの満足度が非常に高く、2023年度の合格者721名のうち89%もの人が「非常に満足」・「満足」と答えています。

このeラーニングシステムは非常に多機能であり、例えば学習者の生活パターンに基づき学習スケジュールを自動で作成する機能を備えています。

また、スマートフォンやPCを通じていつでもどこでも学習が可能であり、紙のテキストを持ち歩く必要もなく、システム内でダウンロードしたテキストを確認することもできます。

加えて、自らの学習進捗管理まで可能なので、スマホ1つで現在の学習状況を把握しながら効率的に学習を進めることができるでしょう。

不合格時の全額返金保証制度

フォーサイトでは万が一試験に落ちてしまった際に備えられる「全額返金保証制度」を提供しています。

これはフォーサイトが定めた一定の学習水準を満たしたにもかかわらず不合格となった受講生を対象に適用されます。

この学習水準には「eラーニング試験で上位34%に入ること」といった条件が含まれるので、真面目に試験対策に取り組まないと達成は難しい​ですが、それでも全額返金という強力な保証が得られるのは極めて魅力的と言えるでしょう。

業界トップクラスの合格実績

フォーサイトの宅建講座は2023年度に受講生合格率76.1%に達するという輝かしい実績を収めています。この合格率は全国平均(17.2%)の4.42倍に達し、業界トップクラスの位置を確立しています。

さらに、合格者数においても、全国に校舎を持つTACなどの大手予備校に迫るほど多く、フォーサイトの教育品質と指導力の高さを物語っています。フォーサイトの宅建講座が持つ業界トップクラスの合格実績はフォーサイトの一番の魅力と言って良いでしょう。


フォーサイトの受講がおすすめな人

ここまではフォーサイトの宅建講座のメリット・デメリットを紹介してきました。

以下ではこれを踏まえて、フォーサイトの講座を受講するのに向いている人、向いていない人を見ていきましょう。

フォーサイトが向いている人

フォーサイトの宅建講座がおすすめな人

講義の質にこだわりたい人

フォーサイトは講義の品質に特に力を入れており、高クオリティの講義を提供しています。講師陣も経験豊富で、的確で分かりやすい解説を行うことで知られています。

そのため講義動画の質の高さにこだわりたい人にはピッタリと言えます。

隙間時間を上手に使いたい人

フォーサイトのeラーニングシステムを利用することで、通勤や待ち時間などの隙間時間を有効活用できます。また、短い動画講義や一問一答形式の学習コンテンツが豊富に用意されているため、ちょっとした空き時間でも効率的に学習ができます。

特にあまり座って勉強する時間が取れない社会人の方など、隙間時間が学習のメインになる方にはフォーサイトは非常に相性が良いです。

コツが凝縮されたテキストで学習したい人

フォーサイトのテキストは必要な情報を厳選し、分かりやすくまとめられています。膨大な情報の中から重要なポイントが抽出されているので、効率重視で学んで短期合格を目指したい方に特におすすめです。

合格実績が確かな講座を受講したい人

フォーサイトの一番の特徴は合格実績が圧倒的に高いことです。長い間業界トップクラスの合格率を維持し続けており、多くの受験生が合格に至っていることから安心して講座に沿って学習することができるでしょう。


フォーサイトが向いていない人

フォーサイトの宅建講座が向いてない人

できるだけ安価に講座を受講したい人

フォーサイトは高品質な教育サービスを提供していますが、その分他社の安さを売りにした講座と比べると割高となっています。

講座の価格に強いこだわりを持つ方には、業界随一の安さを誇る「スタディング」の宅建講座の受講も検討してみるのが良いでしょう。

網羅性の高いテキストで学びたい人

フォーサイトは試験に「合格すること」を目的としているため、そのテキストは必要最小限の情報に絞って説明しています。そのため全体的な理解を深めたい、広範囲な知識を得たい、余裕を持って試験に合格したいという方はよりボリュームのある講座を選択する方がよいでしょう。

サポートの充実度を求める人

フォーサイトはスケジュール管理機能や質問対応といった基本的なサポートを提供していますが、より多様で充実したサポートを提供している講座もあります。

例えば、「アガルート」の宅建講座では毎月のホームルーム動画の配信や学習サポーターへの相談などの機会も用意しており、受講生は孤立感を感じることなく学習を進めることができます。


フォーサイト宅建講座のコース料金一覧と実施中キャンペーン

フォーサイトのコース一覧と価格

コース名

価格(税込)

基礎講座

47,800円

過去問講座

47,800円

直前対策講座(1)

10,800円

直前対策講座(2)

10,800円

直前対策講座セット

16,800円

科目別答練講座

21,800円

バリューセット1

59,800円

バリューセット2

64,800円

バリューセット3

69,800円

フォーサイトのコースの中でも特に人気なのが「バリューセット」です。

これは、単科講座がセットとなっており、単価講座をそれぞれ購入するよりも安くてお得なパックとなっています。

学習経験者には再チャレンジセットがおすすめです。このセットは、合格に至らなかった受験者や合格を目指す受験者に、必要な科目を網羅した再学習の機会を提供します。

このようにフォーサイトは受験者のニーズに合わせた柔軟な学習プランを提供しています。

フォーサイトの割引・キャンペーン情報

フォーサイトにはいくつか嬉しい特典があります。

まず、不合格だった際には、条件付きではありますが全額返金保証が適用されます。さらに事前に資料請求を行うと、バリューセット1・2・3に使える1万円割引券がプレゼントされます。

実際に受講するかどうか決めるためにも、まずは資料請求してみるのが良いでしょう。


フォーサイトを他社の宅建講座と比較

講座

総合スコア

受講料の安さ

初心者の学びやすさ

担当講師と講義の質

サポート体制

合格実績

評判・口コミ

フォーサイト

4.66

4.23

4.86

4.76

4.52

4.89

4.73

スタディング

4.71

4.91

4.65

4.56

4.17

4.78

4.72

アガルート

4.51

4.77

4.43

4.42

4.49

4.50

4.37

ユーキャン

4.36

4.33

4.62

3.99

4.21

4.81

4.16

キャリカレ

4.18

4.31

4.17

4.01

4.17

3.72

3.99

フォーサイトはこだわり抜かれたカラーテキストや高品質な動画講義、使いやすいeラーニングシステムなど、提供するサービスが総じて他社と比べて高水準なのが特徴的となっています。

以下では価格やサポート体制、合格実績などの観点からフォーサイトと他社の宅建講座を具体的に比較していきます。

料金の安さを比較

講座

主要コースの価格(税込)

フォーサイト

59,800円

スタディング

19,800円

アガルート

54,780円

フォーサイトの宅建講座の料金は59,800円と、他社に比べてやや高めに設定されています。一方で、スタディングは19,800円と格安で宅建講座を提供しています。また、アガルートでは54,780円と、フォーサイトよりは安価ながら中間的な料金体系となっています。

フォーサイトはサービスの品質という点で間違いないのですが、スタディングと比べてしまうとどうしても価格の高さが目立ってしまうので、安さに重きを置くのであればスタディングの受講がおすすめとなります。


講師・講義のクオリティで比較

講座

講座の特徴

フォーサイト

講師の指導に満足する受講生は8割以上に達し、高い評価を得ています。講義動画は専用スタジオで撮影され、最新の技術を駆使して音声・映像共に鮮明な品質が実現されています。

スタディング

講師の竹原氏は20年にわたる指導歴を誇り、その豊富な経験を活かして学生たちに指導しています。竹原氏による講義は、動きのあるスライドを用いた直感的な解説が特長です。

アガルート

大手予備校出身の講師が、その専門知識と経験をもって指導を行っています。彼らが提供する講義動画は、一般的な水準を超える鮮明さと観やすさが特徴です。

フォーサイトの宅建講座は、他社と比べても講師陣のレベルの高さや講義映像の品質の良さが際立っています。

スタディングやアガルートも講師のレベルには自信を持っていますが、フォーサイトはこれらの講座に決して劣らない講義のクオリティを誇っています。

サポート体制で比較

講座

サポート体制の特徴

フォーサイト

スマートフォンを活用したスケジュール管理機能やeラーニングシステムも充実しています。また、質問に対する対応も行われており、疑問や不明点についても遠慮なく相談することができます。

スタディング

独自のオンライン学習システムを導入し、学習進捗の管理を簡単かつ自動化しています。一方で質問は有料オプションとなっています。

アガルート

通信講座では珍しい形式として、毎月のホームルームを設けるなど、手厚いサポートが提供されています。

フォーサイト​のサポート体制は標準的で、スケジュール管理や質問対応といった学習に不可欠なサポートは一通り揃っています

アガルートはフォーサイトのようなスケジュール管理機能はないものの、「月次のホームルーム動画」や「学習サポーターへの相談」といったサポートを提供しており、人によってはアガルートのサポートの方が魅力的に映るかもしれません。

一方でスタディングは学習システムによる多機能なサポートがついているものの、質問するためにはオプションでQ&Aチケットの購入が必要となっているので、フォーサイトの方がサポートが充実していると言えるでしょう。

合格実績・合格率で比較

講座

講座の合格実績

フォーサイト

受講生の合格率は、2023年度において全国平均の4.42倍に達し、業界トップクラスの実績を誇っています。

スタディング

2023年度において、当講座は1000名以上の合格者を輩出し、業界屈指の合格者数を誇ります。

アガルート

2023年度で全国平均の3.77倍の合格率を記録し、十分な実績を誇っています。

上記で比較している3社はいずれも優れた実績を持つ大人気講座となっていますが、その中でもフォーサイトは合格率の高さが際立っています。

また、スタディングの1000名以上には及ばないものの、フォーサイトも2023年度で721名もの合格者を輩出しており、合格者数という観点でも業界トップクラスです。

そのため合格実績ではフォーサイトが最も優れていると判断できるでしょう。


フォーサイト宅建講座のよくある質問

1回の申し込みで講座を複数申し込めるか

お申し込み1回につき商品1つの購入となるので、複数の講座を同時に申し込む事は出来ません。そのため、複数の講座のお申し込みを希望する際は、1回ずつお申し込みの操作が必要です。

分割払いができるか

利用できる決済方法のうち、「クレジットカード」と「ショッピングローン」は分割でのお支払いが可能です。

バリューセットとは何か

「基礎講座」「過去問講座」などの単科講座がセットになったコースのことを指します。また、不合格時の返金制度がついているのはバリューセット3のみです。

フォーサイトの宅建講座の評判まとめ

フォーサイトの宅建講座は、高い合格率や充実したサポート体制が評価されています。豊富な演習問題や添削指導、そして合格実績を反映した充実したカリキュラムが受講生に支持されています。

一方で、料金が他社に比べやや高めであることや、質問回数に制限があることなどデメリットと言える部分も確かに存在しています。しかし、高い合格実績や充実したカリキュラムは、多くの受験生にとって魅力的な選択肢であると言えるでしょう。