賃貸不動産経営管理士の通信講座おすすめランキング|人気9社を比較

更新

賃貸不動産経営管理士の資格は、賃貸不動産経営のプロとして、法律や経済、技術の知識を総合的に駆使する能力が求められます。

幅広い知識を要する試験であるため難易度は高いとされていますが、合格を目指す方々にとって、どのような通信講座がおすすめなのでしょうか。

ここでは、賃貸不動産経営管理士を目指す方が成功に近づくための通信講座ランキングをご紹介します。


このページにはプロモーションが含まれています

賃貸不動産経営管理士の通信講座おすすめ人気ランキング

スタディング

スタディングの賃貸不動産経営管理士講座

総合スコア

4.95

圧倒的なコスパと充実のサポート機能。

受講料の安さ

5.00

業界トップレベルの安さを誇る。

初心者の学びやすさ

4.93

学習は全てスマホで完結、スキマ時間の活用が可能。

担当講師と講義の質

4.95

20年以上指導を続けているベテラン講師。

サポート体制

4.90

AIによる復習機能やマイノート機能など豊富な学習サポート。

合格実績

4.98

2022年度は246人が合格しており、その数も年々増加。

評判・口コミ

4.95

時間の有効活用で合格できたという声が多数。

スタディングの賃貸不動産経営管理士講座は圧倒的な安さが魅力です

また「時間のない方でもスキマ時間をフル活用して合格を目指せる講座」を標榜しており、スキマ時間学習を推進する教材が充実しています。そのため仕事や家事との両立が必要な受講生から多くの支持を受けています。

他社と比較しても価格が安価ということもあり、コストパフォーマンスがトップレベルの講座と言えるでしょう。

コース名

価格(税込)

賃貸不動産経営管理士講座

19,800円


スタディング受講生の口コミ

スタディングは短時間の空き時間をみつけて視聴、問題を解くにはうってつけで、朝の出勤前、通勤時間帯を活用できました。

また学習履歴機能で進捗度合いを確認できたことで、現在位置を確認しつつ、残りの部分を完遂するイメージを高め、最後までモチベーションを維持することができました。

スタディング 合格者の声より

朝の散歩で、聴きながら講義が受講できた事と、過去問を出来た事が、時間を有効に使えた成果だと思いました。

スタディング 合格者の声より

スキマ時間に1問でも多くの問題を復習するようにして、勉強時間を確保しました。

最後は、スタディングのAI問題復習機能のカスタム設定を利用してひたすら問題演習をすることにより、忘れないうちに復習することにより記憶を定着させました。

スタディング 合格者の声より

合格者の声にもスキマ時間を活用して学習を勧められたという声が多く、短時間で取り組むのに適した教材であることがわかります。

また学習をサポートする様々な機能が搭載されており、それを好評する声も多く見られました。

スタディングの他社と比べた強み

他講座と比べた際のスタディング最大の強みは、スマホで全ての学習が完結する点が挙げられます。学習に必要な教材から学習進捗管理に必要な機能まで、ありとあらゆるものをスマホ1つで利用することができます。

講義動画はダウンロードすることが可能で、通勤などちょっとしたタイミングで学習を進めることができ、スキマ時間の有効活用を簡単に行うことができます。

学習カリキュラムも最短合格を可能にするものであり、AI問題復習機能など、それを補助する機能も満載です。

スタディングの弱点・デメリット

スタディングのデメリットとしては、教材がオンラインのみの用意であることが挙げられます。特に紙媒体での学習に慣れている方は、学習に取り組みづらいと感じる可能性があるでしょう。

また、講師への質問機能が存在しないため、疑問を解消する際には時間を要する可能性があります。

スタディングはどんな人におすすめ?

スタディングがおすすめの人の特徴はこのような方です。

  • 学習に割ける時間が限られている社会人の方
  • 最短距離で合格を目指されている方

前者に関して、スキマ時間を有効活用して学習を進められる点がスタディング最大の売りです。そのため、仕事との両立が必要な社会人など、勉強にかけられる時間が限られる方にはおすすめの講座です。

後者に関して、スタディングの教材はカリキュラムが最短ルートで合格できるように整備されています。そのため、賃貸不動産経営管理士試験に最短で合格したいと考えている方にもおすすめです。


項目

内容

ポイント

価格

19,800円

圧倒的な安さ

教材の特徴

スキマ時間に学習可能なオンライン教材

スマホのみで合格を狙える

サポート

スマート問題集

セレクト過去問集

AI問題復習機能など

継続的な学習をサポートする機能が豊富

合格実績

246人(2022年度実績)

合格者数は年々上昇中

キャンペーン・割引情報

合格お祝い制度

Wライセンス応援割

期間限定の割引キャンペーン

アガルート

アガルートの賃貸不動産経営管理士講座

総合スコア

4.91

高い合格率と高品質の講義。

受講料の安さ

4.83

比較的高めだが、サポート期間が7ヶ月と長い。

初心者の学びやすさ

4.95

わかりやすいテキストと厳選された問題集。

担当講師と講義の質

4.93

工藤講師による要点をまとめたわかりやすい解説。

サポート体制

4.85

徹底的な弱点分析で効率的な学習ができる。

合格実績

5.00

合格率79.2%(2022年)は全国平均の2.9倍。

評判・口コミ

4.90

満足度の高い授業と講義。

アガルートの賃貸不動産経営管理士講座は、圧倒的合格実績の高さが魅力になっています。

令和4年度の合格率実績は79.2%となっており、全国平均より2.9倍合格率が高いです。

試験対策用に万全に練られたフルカラーのテキストと、「不動産資格の女王」と名高い工藤講師が行うフォロー制度によって、この高い合格率が実現しています。

また、合格特典である全額返金制度を適用すれば、実質無料で講座を受けることも可能です。

コース名

価格(税込)

賃貸不動産経営管理士試験講座 総合講義

43,780円

賃貸不動産経営管理士試験講座 総合カリキュラム/ライト

65,780円

賃貸不動産経営管理士試験講座 総合カリキュラム/フル

87,780円


アガルート受講生の口コミ

テキスト見開きの左側には問題が数問あり、それを解けるor解けないで自分の弱点が容易に確認でき、構成が良かった。

また、総合講義や過去問とも連動しているので、問題で間違える、間違えていなくても自信がなく、自分が弱いと感じた所や、たまにミスをしてしまう所で、それぞれに立ち返るのにも便利であった。

アガルート合格者の声より

講義も短くまとまっているので、ダウンロードして試験直前の通勤時に聞くようにしました。短いと必ず最後まで聞けるし集中力も持つので聞き流さず、直前期にはかなり役に立ったのではないかと思います。

アガルート合格者の声より

問題用紙も本試験と同様で、マークシートもあったので、本試験と同じ環境で時間なども気にしながら、できたのはとてもためになった。(中略)問題の難易度を分けて、本試験がどっちに転んでも、対応できるような仕組みにできていたのは良かったと思う。

アガルート合格者の声より

テキスト、講義動画、模試のいずれにおいても高い評価をしている受講生の方が多く、質の高い講座を提供していることがわかります。

要点に絞り、自分の弱点を徹底的に潰していくやり方で効率的な学習を進めることができる講座といえます。

アガルートの他社と比べた強み

アガルート最大の強みとして、初学者でも試験に必要な知識を短期間で吸収できるオリジナルテキストの存在が挙げられます。

頻出度によってランクづけされたテキストを使用することで、得点最大化に必要な箇所だけをピンポイントで対策していくことが可能です。

また、試験を知り尽くした工藤講師が指導を行い、合格に直結する知識を効果的に頭に入れていくことができます。

工藤講師は独学で4つの不動産関連の資格に一発合格し、その指導実績からも「不動産資格の女王」と呼ばれています。

アガルートの弱点・デメリット

アガルートの講座のデメリットとして、他講座よりも受講料が高い点が挙げられます。

選ぶコースによっては10万円近くの受講料を支払う必要があるため、講座を選ぶ際には注意が必要です。

また、「総合カリキュラム」ではサポート期間が7ヶ月と長く、人によっては必要以上に勉強をしてしまう可能性もあります。短期間での合格を狙っている方は注意が必要です。

アガルートはどんな人におすすめ?

アガルートの講座がおすすめの人の特徴はこのような方です。

  • 合格実績の高い講座を受けたい
  • わかりやすいテキストで勉強したい

高い合格率を誇るアガルートの講座は、多少価格が弾んでも実績のある講座を受験したいという方にぴったりです。

テキストや講義はわかりやすくまとめられているため、質の高い教材を求めている方にもおすすめです。


項目

内容

ポイント

価格

43,780円〜87,780円

比較的高めの設定

教材の特徴

講師がオリジナル作成したフルカラーテキスト

視覚的にわかりやすく学びやすい

サポート

過去問解析講座

直前ヤマ当て模試

映像講義

過去問分析と予想模試で確実な対策

合格実績

受講生合格率79.2%(2022年)

全国平均の2.9倍

キャンペーン・割引情報

合格者へのお祝い金or全額返金制度

実質無料での受講も可能

キャリカレ

資格のキャリカレの賃貸不動産経営管理士講座

総合スコア

4.82

学習開始から就職・転職までの充実したサポートが売りの講座。

受講料の安さ

4.90

Web割を利用すれば比較的低価格+不合格時の全額返金。

初心者の学びやすさ

4.75

洗練された教材で着実な学習が可能。

担当講師と講義の質

4.70

経験豊富な塩島講師による丁寧な講義。

サポート体制

5.00

質の高い質問・添削サービスと資格取得後のアフターフォロー。

合格実績

4.75

他資格では十分な合格実績。

評判・口コミ

4.82

まとまった教材と手厚いサポートが人気。

キャリカレの賃貸不動産経営管理士講座は、学習面から資格取得後の就職までのトータルサポートが強みの講座です。

学習面のサポートでは、回数無制限の質問が可能で、添削指導を受けることもできます。

また、不合格時の受講料全額返金制度があり、金銭的に不安がある方でも安心して受講することができます。

コース名

価格(税込)

賃貸不動産経営管理士 合格指導講座

38,580円(Webからの申し込み限定)

キャリカレ受講生の口コミ

テキストはコンパクトで、どこにでも持っていけるのが良かったです。映像講義も、重要ポイントを中心にメリハリのある内容で、集中力を切らさずに学習できました。

キャリカレ受講生の体験談より

キャリカレさんの講座は、テキストが要点だけに絞ってシンプルに書いてあるので、他社に比べて薄くて集中しやすく、読むことが苦にならなかったので、挫折せずに学習を続けることができました。

また、添削問題も定期的な提出確認をしてくれ、コンスタントに提出することができた為、最後まで勉強をする気持ちが衰えませんでした。

キャリカレ受講生の体験談より

テキストで気になった点を映像講義で補ってくれたケースが多く、自分に合っていたと思います。添削の返信を見て、勉強の進度を気にすることなく、焦らず取り組むことができました。

キャリカレ受講生の体験談より

テキストが要点ごとにまとまっており、学習しやすかったという声が多く見られました。

また添削や質問対応が充実しており、サポート面を高く評価されており、安心して学習を進めることができるといえます。

キャリカレの他社と比べた強み

キャリカレの講座は、サポート体制が他社よりも充実しています。

特徴的なサポートとして、不合格時の全額返金制度が挙げられます。そのため、受講料が無駄になるという金銭的な不安を感じずに学習を進めることができます。

また合格後に好きな講座をもう1つ無料で受講できるサービスもあり、さらなるスキルアップも目指せます。

加えて合格後の就職・転職サポートを行っていることも大きな特徴です。専属のキャリアコーディネーターが希望に合わせた求人情報の検索や、職務経歴書の書き方、面接指導など、さまざまなサポートをしてくれます。

キャリカレの弱点・デメリット

キャリカレの弱みとして、公式サイトに合格実績が掲載されていない点が挙げられます。

他講座に比べると比較的合格実績が劣ってしまう可能性があり、信頼性に不安を感じる方もいるかもしれません。

ただ、キャリカレは他の国家試験、不動産資格において数多くの合格者を輩出しており、信頼できる講座と言えるでしょう。

キャリカレはどんな人におすすめ?

キャリカレの講座がおすすめできる人として、学習上のあらゆる側面で手厚いサポートを重要視する方が挙げられます。

学習中の質問・添削対応はもちろん、不合格時の返金制度や合格後の就職・転職サービスなど、学習する中で付きまとうあらゆる不安を解消するサポート体制を整備しています。合格まで安心して勉強することができるでしょう。

項目

内容

ポイント

価格

38,580円〜48,580円

比較的安めの値段設定

教材の特徴

テキストと映像を組み合わせたスタイル

要点に絞ったわかりやすい教材

サポート

制限なしの質問対応

添削対応

合格後の就職・転職サポート

受講生の不安を取り除く徹底したサポート体制

合格実績

非公開

宅建や簿記などの他資格講座でも多くの合格者を輩出

キャンペーン・割引情報

不合格時の全額返金対応

Webからの申し込みで1万円割引

金銭面の不安なく学習可能

LEC

LECの賃貸不動産経営管理士講座

LECの賃貸不動産経営管理士講座は、その実践的なカリキュラムと合格実績で知られています。価格は合格フルパックコースで82,500円(税込)です。

他社の講座と比較して、LECは豊富な実務経験を持つ講師陣による深い洞察と具体例を交えた授業が特徴的です。

また最新の試験傾向を踏まえた教材、「合格のトリセツ」シリーズの提供や、個々の学習進度に合わせたオーダーメイドの学習プランの提案が行われます。

さらに、独自のオンラインサポートシステムを利用することで、学習者はいつでもどこでも学習内容にアクセスでき疑問点を即座に解決できる点も、LECの大きな強みと言えるでしょう。

LECの公式サイトはこちら

TAC

TACの賃貸不動産経営管理士講座

TACの賃貸不動産経営管理士講座は、TAC独自に5項目に編成し直したカリキュラムが特徴です。賃貸管理士の速修本科生の価格は55,000円(税込)です。

他社との大きな違いは、TACが提供する質の高い個別指導です。受講生一人ひとりの学習状況を細かく把握し、それに基づいたカスタマイズされたアドバイスを行うことで、効率的な学習を進めることができます。動画は0.8倍速〜2倍速まで設定でき、繰り返し確認したい点は速く流して確認することができます。

また、模擬試験後の詳細な解説と個別フィードバックにより、受講生は自身の弱点を正確に把握することができます。

手厚いサポートと実践的な学習環境により、試験に自信を持って臨むことができる講座と言えるでしょう。

TACの公式サイトはこちら

日建学院

日建学院の賃貸不動産経営管理士講座

日建学院の賃貸不動産経営管理士講座は、他の資格学校と比較してコストパフォーマンスに優れています。価格は問題解説Webコースで44,000円(税込)です。

さらに、日建学院は映像授業を中心としているため、どの生徒も同じ高品質の講義を受けられる機会が保証されています。

講師の質に依存しない学習環境を提供するという点で、他の講座と差別化されています。

映像授業が中心となるため、一部の方は学習がしにくいと感じる可能性がありますが、実際に対面で質問できる機会も設けられているため大きな不安となることはないでしょう。

日建学院の公式サイトはこちら

総合資格学園

総合資格学園の賃貸不動産経営管理士講座

総合資格学院の賃貸不動産経営管理士講座は、建設・不動産関連資格の受験対策に特化した資格試験予備校です。基礎から応用まで、効率的に合格力を養う講座が特徴です。

また、この学院はライブ講義とインタ・ライブ講義による個別指導を特徴としています。本講座コースの価格は66,000円(税込)となっています。

さらに、法人向け研修プログラムの提供や新卒学生の採用支援活動など、企業と学生の間で橋渡しを行うなど、多角的なサポートを展開しています​​。

総合資格学園の公式サイトはこちら

Kenビジネススクール

Kenビジネススクールの賃貸不動産経営管理士講座

Kenビジネススクールの田中謙次講師が出版した賃貸不動産経営管理士試験向けのテキスト「これで合格 賃貸不動産経営管理士 要点整理」は、試験の傾向に合わせた内容であることが特徴です。価格は32,780円となっています。

一問一答問題集と予想模擬試験が講座内容に含まれており、学習する上で役立つ教材であることは間違い無いでしょう。

さらに、試験日当日には解答速報と講評動画を公開し、即時性と正確性を兼ね備えたサービスを提供しています。

実務に即した教育コンテンツの提供なども含めて、不動産取引法務に関するユニークな講座運営が特徴的といえます。

Kenビジネススクールの公式サイトはこちら

CIC日本建設情報センター

CICの賃貸不動産経営管理士講座

CIC日本建設情報センターの賃貸不動産経営管理士講座は、建設業に特化した受験対策スクールとしての長年の経験を生かし、効率的な学習法と実戦的な教材を提供していましたが、現在は販売を停止しています。

特に、出題可能性が高い論点に焦点を当てたカリキュラムや、理解を深めるためのわかりやすい解説、具体的な対策を含む過去問の分析など、短期間での一発合格を目指す受講生を強力にサポートしていました。価格は問題解説Webコースで35,000円(税込)、Webコースで36,000円でした。


賃貸不動産経営管理士通信講座の比較一覧表

講座

総合スコア

受講料の安さ

初心者の学びやすさ

担当講師と講義の質

サポート体制

合格実績

評判・口コミ

スタディング

4.95

5.00

4.93

4.95

4.90

4.98

4.95

アガルート

4.91

4.83

4.95

4.93

4.85

5.00

4.90

キャリカレ

4.82

4.90

4.75

4.70

5.00

4.75

4.82

数ある賃貸不動産経営管理士の通信講座のうち、特に人気の講座をピックアップして比較したものが上の表です。

総合スコアでは圧倒的な受講料の安さと業界トップクラスの合格実績を両立しているスタディングが1位となりました。

一方でキャリカレはサポート体制、アガルートは初心者の学びやすさで1位となっており、それぞれ強みとする分野が違っていることが伺えます。

以下では各項目ごとに上記の講座をより詳しく比較してみましょう。

料金の安さを比較

講座

受講料の安さ

スタディング

5.00

キャリカレ

4.90

アガルート

4.83

料金の安さで比べると、スタディングがおすすめです。

1万円台という破格の料金で講座を受講可能であり、他講座と比べても最も高いコストパフォーマンスを誇る講座といえます。

教材面も充実しているため、価格重視の方にぴったりの講座です。


初心者の学びやすさを比較

講座

初心者の学びやすさ

アガルート

4.95

スタディング

4.93

キャリカレ

4.75

初心者の学びやすさで比較すると、アガルートがおすすめの講座です。

テキストは、試験の頻出分野に的を絞って対策を行えるよう設計されており、効率的に学習を進めることができます。

自身の弱点分析を行なってくれるサポートもあるため、初心者でも安心して取り組める講座となっています。


講師・講義のクオリティを比較

講座

担当講師と講義の質

スタディング

4.95

アガルート

4.93

キャリカレ

4.70

講師・講義の質の面から比べると、アガルートがおすすめです。

担当の工藤美香先生は不動産資格の女王と呼ばれており、試験を知り尽くした実績十分な講師です。

過去問を徹底分析して、効率よく試験に必要なノウハウを吸収できる講義が行われており、その質は他講座と比べても高いものだと言えるでしょう。


サポート体制を比較

講座

サポート体制

キャリカレ

5.00

スタディング

4.90

アガルート

4.85

サポート面から比較すると、キャリカレがおすすめの講座です。

試験に向けた学習面でのサポートはもちろん、不合格時の全額返金制度や就職・転職サポートまで実施している点で特徴的です。

試験だけでなく合格後も見据えた講座を選びたいという方におすすめできる講座となっています。

合格実績を比較

講座

合格実績

アガルート

5.00

スタディング

4.98

キャリカレ

4.75

合格実績で比較するとアガルートがおすすめです。

令和3年と令和4年を合わせた合格者は327名となっており、合格率は79.2%です。

この合格率は全国平均27.7%の2.9倍となっており、非常に質の高い講座を提供していることがわかります。他講座と比べても一線を画す合格実績を持つ講座と言えるでしょう。


自分に合った賃貸不動産経営管理士通信講座の選び方

自分にあった賃貸不動産経営管理士講座の選び方

スキマ時間で合格を狙いたい方

スキマ時間で合格を狙いたい方はスタディングの受講がおすすめです。

スタディングはスキマ時間での学習に最適化された教材を提供しており、スマートフォン一つで、いつでもどこでも学習を進めることが可能です。

また教材も、時間を最大限に活用するために設計されており、短時間でも効率的に知識を吸収できるように工夫されています。

試験に最短ルートで合格したい方

試験への最短合格を目指す方はアガルートがおすすめです。

テキストは試験に頻出の内容を取り上げ、それらを優先的に対策できるようにしている講座です。講義も非常にわかりやすく、短期間で内容を吸収することが可能です。

定番の講座を受講したい方

定番で実績のある講座を受講したい方はアガルートがおすすめです。

合格実績が各講座の中で最も優れており、信頼できる講座と言えるでしょう。

教材・サポートも非常に質の高いものを提供しているため、対策の定番講座です。

教育訓練給付制度の対象講座

教育訓練給付制度

教育訓練給付制度は、雇用保険に加入している方を主な対象とした国が講座の受講費用を一部負担してくれる制度です。

賃貸不動産経営管理士の講座においては、LECが制度の対象となっているため、本制度を利用してお得に受講したい方は確認してみてください。

対象コース

割引前の料金(税込)

賃貸不動産経営管理士合格フルパック 通信(LEC)

82,500円

賃貸不動産経営管理士合格スタンダードパック 通信(LEC)

71,500円


賃貸不動産経営管理士は独学でも合格可能?

賃貸不動産経営管理士は独学合格可能

賃貸不動産経営管理士の資格取得に向けた独学は、十分に可能とされています。

特に、宅建士など不動産関連の資格を既に持っている人にとっては、学習範囲に重複があるため、よりスムーズに進めることができるでしょう。

しかし、全くの初心者がこの資格の勉強を始める場合は、状況が異なります。不動産業界特有の用語や、専門的な内容に初めて触れることとなるため、独学での学習は難易度が高くなりがちです。

見慣れない用語に戸惑い、理解が進まない部分が多くなると、学習のモチベーションを維持することが難しくなり、結果として挫折の原因にもなり得ます。

このような背景から、全くの初心者には、独学だけに頼るのではなく、通信講座などの学習サポートを利用することをおすすめします

通信講座では、専門的な用語の説明から実践的な問題解決方法まで、ステップに分けて学べるため、効率的に知識を身につけることができます。

賃貸不動産経営管理士試験の対策はいつから始めるべき?

賃貸不動産経営管理士試験の学習期間は、一般に2~4ヶ月を推奨し、その間の勉強時間は50~150時間程度が目安とされています。

特に不動産系の資格を既に持っている方は、この学習範囲の一部が重複するため、より短期間での合格を目指すことが可能です。

試験対策を始める適切なタイミングとしては、最低でも試験の3ヶ月前から始めることをお勧めします。

時間的な余裕がある方は、半年前から準備を開始することで、より余裕を持った対策が可能になります。

賃貸不動産経営管理士のおすすめ通信講座まとめ

ここでは賃貸不動産経営管理士試験の対策におすすめの通信講座を比較しながら紹介しました。

自分に合った通信講座を選んで、賃貸不動産経営管理士の資格を取得しましょう。